9

“VR感覚”歌うバーチャル美少女ねむ 歌唱MVコンテスト55作品に投票求む

“VR感覚”歌うバーチャル美少女ねむ 歌唱MVコンテスト55作品に投票求む

バーチャル美少女ねむさん

POPなポイントを3行で

  • バーチャル美少女ねむが歌う“VR感覚”
  • 動画コンテストにVTuberらから55作品
  • 視聴者による投票を受付中
VRヘッドセット・VIVEのアンバサダーであるバーチャル美少女ねむさんが実施した、"VR感覚"をテーマにした自身の新曲「ファントムセンス」の歌唱動画コンテスト。

バーチャル美少女ねむさんは9月19日、同コンテストにバーチャルYouTuber(VTuber)やソーシャルVRユーザー等から55件の応募があったことを明らかにした。

同時に優秀作を決める視聴者投票「ファントムセンス総選挙」をスタート。締め切りは9月28日(火)。

上位入選作品は、スマホユーザーもVR空間でVR感覚を感じられるイベント「3D音楽ライブ ファントムセンス(仮)」のゲスト候補として選出される。

バーチャル美少女ねむが歌うVR感覚

ファントムセンス / バーチャル美少女ねむ
バーチャル美少女ねむさんの第5弾となるオリジナル曲「ファントムセンス」は、アバターで感じる"V"の者達に捧げる歌として制作。

8月27日に公開された360度MVは、VR機器がない人でも気軽に「アバターで感じる」VR感覚が疑似体験できることをコンセプトにしている。 ここで言うVR感覚(ファントムセンス)とは、VR体験中に脳がアバターの身体を実際の身体と誤認識することによって、存在しないはずの触覚・匂い・温度感覚などを疑似的に感じる現象。

日常的にVRアバターで生活するようになったVTuberなどから多くの事例が報告されており、現在注目を集めている概念だ。

ファントムセンス総選挙

ファントムセンス総選挙 全55エントリーダイジェストMV
コンテストに集まったのは、普段アバターを使用しているVTuberやソーシャルVRユーザーなどからの55作品。

VRなどの映像技術やボイスチェンジャー、両声類(男性が女性の声を出すなどの音声技術)などの音声技術を駆使し、それぞれがアバターで感じるVR感覚(ファントムセンス)を表現した。 「ファントムセンス総選挙」では55作品を対象に、視聴者は最低でも5作品を視聴した上で、上位3作品を選んで投票する(外部リンク)。

​バーチャル美少女ねむとは?

バーチャル美少女ねむさんは、「バーチャルでなりたい自分になる」をテーマに2017年から活動するVTuber。HTCが販売するVRヘッドセット・VIVEの公式アンバサダーを務めている。

NHK人気番組「ねほりんぱほりん」に出演し、お茶の間に「バ美肉(バーチャル美少女受肉)」の衝撃を届けた。

ボイスチェンジャーの利用を公言しながら楽曲「ココロコスプレ」で歌手デビュー。自ら手がけた小説『仮想美少女シンギュラリティ』はAmazon売れ筋ランキング「小説・文芸」部門1位を記録した。

バーチャル美少女ねむさんの活動

バーチャルな活動を巡って

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

2
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ