梅沢和木

うめざわ かずき

梅沢和木は日本の美術家。CASHIおよびカオス*ラウンジに所属する。梅ラボとの名義でも知られる。1985年2月生まれ、埼玉生まれ埼玉在住。武蔵野美術大学映像学科卒業。

概要

ネット上の画像を大量に収拾し、Photoshopを使ってコラージュする作品をつくる。タブローでは、出力されたものの上に加筆、壁画では、壁一面にプリントアウトされたものを貼るというスタイルを取る。

初期のコラージュ作品は、素材のジャンルを問わず、また、素材となる画像を細かく配置する場合が多かったが、今日では、既存キャラクターのパーツを素材として多用する傾向があり、また、既存キャラクターの顔を大きく配置したり、新たな要素として図形商標を素材として用いている。

アニメ『らき☆すた』の登場人物である泉こなたの図像を多数のキャラクターのパーツの組み合わせによって表現した「キメラこなた(もともと画像掲示板上で制作されていたもの)」を構成要素とした作品を発表した際、著作権上の問題があると指摘されて大きな騒動となった。

美術手帖によって編集された書籍「日本のアーティストガイド&マップ」内の「ジャパニーズ・ポップの射程」カテゴリにおいて「その未知数なところも含め、10年代アートシーンの象徴として語られる機会も多い」と評されている。

個展

2013「エクストリームAR画像コア」 DIESEL ART GALLERY
2012「梅沢和木回顧展」CASHI
2010「大地と水と無主物コア」CASHI、「美しい画像コア」 CASHI
2009「カオス見てから画像余裕でしたコア」Hidari Zingaro、「エターナルフォース画像コア」art project frantic ● ● ★ ■ 東京

似たようなキーフレーズ

同じカテゴリーのキーフレーズ

イラスト・アート

更新日: 2111日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ