ちいかわ
SUB CATEGORY

ちいかわ

ちいかわは、漫画シリーズ『なんか小さくてかわいいやつ』の略称。及び同作に登場する主人公キャラクターの名前、またはそれに関連・付随するキャラクターコンテンツ全般を指す。イラストレーターのナガノさんが制作。「こういうふうになってくらしたい」という説明と共にSNSに描かれたキャラクターから派生している。

概要

2017年ごろから発表。当初はイラストレーター・ナガノさんのTwitterアカウントにて、「こういうふうになって暮らしたい」として断片的なスケッチとして描かれていた。

2020年1月より単独のアカウントが作成され、物語性を持った漫画の連載が開始された。

2021年2月12日には講談社より単行本が刊行。2月10日発売の『モーニング』(講談社)11号に読み切りが掲載された。

2022年1月より、朝の情報番組「めざましテレビ」の占いコーナーに登場。コーナーではショートアニメが放送されている。また、同番組内でTVアニメ化することが発表されている。

登場キャラクターたち

ちいかわ 『ちいかわ』の主人公。なんか小さくてかわいいやつ。台詞はほとんど無く「ワッ」「ヤー」「フ!」などのわずかな言葉しか発することができないが、感情表現は豊か。臆病ですぐ泣く性格だが、土壇場の窮地では強い。さまざまな経験を通して少しずつ成長。懸賞で当たった家に一人で住んでいる。草むしり検定5級の合格に向けて勉強中だが、2度落ちている。討伐武器はピンクのさすまた。

ハチワレ 言葉を流暢に喋る猫のキャラクター。耳周りの模様が八で割れている。ちいかわの唯一無二の親友的存在。社交的で好奇心旺盛な楽天家。天然な一面もあるが、討伐や草むしりの仕事の成功率は高い。ちいかわが困っている時は助け舟を出すなど友情にあつい。扉もなく、危険な生き物が迷い込んでくる洞窟で一人暮らしをしている。ちいかわに隠れて勉強していた草むしり検定5級を取得。討伐武器は青色のさすまた。言葉をちゃんと発することができないキャラクターが多いちいかわ世界の中で、狂言回し的なポジションとなっている。

うさぎ うさぎのキャラクター。ちいかわの最初の友人として描かれている。常にテンションが高く、自由奔放に振る舞う。奇行も多いが、ハチワレは理解している様子。まともな言葉は話さず「ヤハ」「ルルルルル」「ウララララァ」などの奇声を発する。食に対して非常に貪欲。どのような生活を送っているのかは不明。草むしり検定3級を保持し、ちいかわとハチワレの羨望を集めた。討伐能力(戦闘能力)についても、ちいかわとハチワレより一回り以上高く描かれており、ポテンシャルが計り知れない。討伐武器は、両端が爆発する棒。

記事アクセスランキング

アニメ・漫画

似たようなキーフレーズ

『フルーツバスケット』とは、1998年から2006年まで白泉社発行の少女漫画雑誌『花とゆめ』にて連載された人気漫画。作者は高屋奈月さん。 2001年にテレビアニメ化され、当時の公式サイトでは「お茶の間ほのぼの系コミカル学園ラブラブちょっと...

諫山創による漫画作品。『別冊少年マガジン』で連載中。 小説・テレビアニメ・映画などのメディアミックス展開が行われている。世界の脅威となっている謎の存在「巨人」をめぐるダークファンタジー。様々な伏線や謎が散りばめられ、他のバトルロワイアル...

『鉄コン筋クリート』とは、松本大洋さんの代表作で、1993年~1994年に『週刊ビッグコミックスピリッツ』に連載された人気漫画。 主人公である二人の少年・クロとシロが、暴力が飛び交い、大人の思惑がうごめく混沌とした街・宝町の中で、お互いを補完し合い...

漫画ビレッジ(まんがびれっじ)は、公式に無料で漫画を配信しているサービスへのリンクをまとめたサイト。海賊版サイトとして話題を呼んだ「漫画村」や「漫画タウン」に酷似した名前だが、リンク先のコンテンツはいずれも正式にアップロードされたも...

『約束のネバーランド』は漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載されている、白井カイウさん原作、出水ぽすかさん作画の少年漫画。2017年に行われた第3回「次にくるマンガ大賞」ではコミックス部門で2位、「このマンガがすごい! 2018」...

漫画タウンは、無料で漫画・雑誌を掲載しているビュアーサイト。海賊版サイトととして議論を巻き起こしたサイト「漫画村」の後継サービスだと見られている。

『星色ガールドロップ』とは、大川ぶくぶによるラブコメディ作品。同氏による漫画『ポプテピピック』2ndシーズンの前フリ漫画企画にすぎなかったが、その後アニメ化。アンソロジーコミックも発売された。...

同じカテゴリーのキーフレーズ

アニメ・漫画

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ