31

元ゲーム部 桜樹みりあ、クレア先生が影山ヒロノブら所属の事務所に移籍

元ゲーム部 桜樹みりあ、クレア先生が影山ヒロノブら所属の事務所に移籍

左:桜樹みりあさん 右:クレア先生/Acro公式サイトより

POPなポイントを3行で

  • 桜樹みりあ、クレア先生が事務所移籍
  • 新レーベルAcroから音楽リリース
  • ゲーム部解散後も地道に活動
バーチャルYouTuberとして活動する桜樹みりあさん、クレア先生が、株式会社Brave groupから音楽事務所・株式会社ハイウェイスターに移籍することを明らかにした。

同時に、富士葵さん、奏MiMiさんらのサポートも行う3DCGアニメスタジオ・LOGIC&MAGICと共同で設立された新音楽レーベル「Acro」からリリースしていくことも決定。 新レーベル「Acro」は6月、第1弾所属アーティストとして富士葵さんの参加を発表している。

ゲーム部解散後も活動を続けてきた桜樹みりあ、クレア先生

桜樹みりあさんは、2021年2月7日まで活動していたVTuberグループ・ゲーム部プロジェクトの元メンバー。
【おちゃめ機能】桜樹みりあが吹っ切れた
声優交代などを巡る炎上トラブルもあったが、グループの解散後、ほかのメンバーが活動を終了したにもかかわらず、1人でゲーム実況配信やASMR、「歌ってみた」動画を軸に地道に活動を継続していた。 クレア先生も、当初はゲーム部プロジェクトの顧問として同グループの動画に準レギュラー的な存在として出演。
ネイティブが本気で「ECHO」歌ってみた
個別のYouTubeチャンネルでも活動を続け、バイリンガルを活かした英会話動画や「歌ってみた」動画を投稿。チャンネル登録者もまもなく20万人に達しようとしている。

影山ヒロノブ、GRANRODEOらを擁するハイウェイスター

今回、移籍先として発表された株式会社ハイウェイスターは、主にアニソンシンガー・アーティストが多く所属することで知られるマネジメントオフィス。

影山ヒロノブさん、GRANRODEO、JAM Projectといったアニソンシーンの大御所も多数所属する。

桜樹みりあさん、クレア先生は共にこれまで音楽では「歌ってみた」しか披露していないが、今回の移籍と新レーベルへの所属発表により、オリジナルソング発表や今後の音楽活動へ期待がかかる。

VTuberたちの多岐にわたる活動

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

20
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ