35

「VR睡眠」って実際どうなの? のらきゃっとらVTuber&研究者がガチ考察

【LIVE】VR睡眠ライブ 朝まで生中継❤【のらきゃっと✕長兎路こより✕ねむ✕こはる✕jumius】

POPなポイントを3行で

  • 静かなブームとなる「VR睡眠」
  • その模様を朝まで生配信する公開生配信
  • 平均同時接続136名もの視聴者が見守る
現在、「VRChat」などのソーシャルVRで静かなブームとなっている、VRヘッドマウントディスプレイを被ったままVR世界で一緒に眠る「VR睡眠」。

その模様を朝まで生配信する前代未聞の公開生配信が、5月1日の深夜から翌朝5月2日にかけて行われた。

のらきゃっとさん、バーチャル美少女ねむさん、長兎路こよりさん、こはるちゃんさん等のバーチャルYouTuber(VTuber)と、東工大助教のVR研究者・jumius(ゆみうす)さんが参加・体験し、VR睡眠のメリット・デメリットを考察。

平均同時接続136名もの視聴者が朝まで配信を見守る事態となった。

「VR睡眠」とは

VR睡眠ライブ バーチャル美少女達が8.5時間寝るだけ! 神配信ダイジェスト
「VR睡眠」はVRヘッドマウントディスプレイを被ったまま、VR世界で複数のユーザーが擬似的に一箇所に集まり一緒に眠る行為のこと。修学旅行のように、寝ている間も他者と一緒にいる多幸感を得ることができ、VRであるため現実で知らない相手とでも安全に同じ場所で睡眠をとることができる。

数年前より「VRChat」などのソーシャルVRで静かなブームとなっており、寝る時間はほぼ毎日必ずVR睡眠するようなヘビーユーザーも存在する。NHK人気番組「ねほりんぱほりん」にゲスト出演したバーチャル美少女ねむさんにより番組中で紹介されたことから一般にも知られるようになった。現在コロナ状況下によるソーシャルディスタンスの背景もあり、リスクなく他者と安全に繋がりを感じる新たな方法として注目を集めている。

ただしVR睡眠が公開の場で行われることは基本的にないため、VRユーザー以外にはなかなかイメージしずらく、その実態を明らかにすべく今回の世界初の公開生配信「VR睡眠ライブ」が企画されるに至った。

参加メンバー

【初見さん限定】はじめまして!バーチャル美少女のらきゃっとの生配信!【初見騙りも可】
のらきゃっと(VTuber):個人で扱える技術をフル活用して活動している個人系VTuber。戦闘用アンドロイド。姿も声も仮想の存在であるが、キャラクター「のらきゃっと」として確立した存在となることを目標に、VTuberブーム最初期より活動している。声は音声合成(ボイスロイド)であり、誤認識に定評がある。2020年12月に終了した、キズナアイなどもかつて参加していたバーチャルタレント支援プロジェクト「upd8」にも参加していた。
【MV】Virtual Stargazer / バーチャル美少女ねむ + Maggg-Nolia
バーチャル美少女ねむ(VTuber):世界最古の個人系VTuber。HTC VIVE公式の初代VIVEアンバサダー。NHK人気番組「ねほりんぱほりん」にゲスト出演しお茶の間に「バ美肉(バーチャル美少女受肉)」の衝撃を届けた。「バーチャルでなりたい自分になる」をテーマに楽曲「ココロコスプレ」で歌手デビュー。自筆小説『仮想美少女シンギュラリティ』はAmazon売れ筋ランキング「小説・文芸」部門1位達成。声はボイスチェンジャーを使用。
【歌ってみた】Plastic Love / covered by 長兎路こより
長兎路こより(VTuber/VRモデラー):「のらきゃっと」など有名VTuberの3Dモデルを手掛ける実力派VRモデラーにして、自身もVTuber。モデリング・イラスト・歌と多方面にクリエイティブを発揮している。モデリングに疲れた際はVRChatで仮眠を取るとモデルのクオリティが上がると言う。サボり防止のためにモデリング作業配信を頻繁に行っており、作業配信中に寝てしまいそうになることもたびたびある。
【VR睡眠】世界の頂点で美少女になって寝落ちする【こはるちゃん】
こはるちゃん(VTuber):ニコニコ生放送などでVR配信を行っているVTuber。VRChat初期からのヘビーユーザーであり、話をしている最中に寝てしまったり、路上などで寝ている所がたびたび目撃されVRChat内では「VR睡眠」の代名詞として知られる。こはるちゃんが寝落ちする瞬間を目撃すると運勢がよくなるとも(バーチャル美少女ねむ談)。VR睡眠のやりすぎで、健康の為たまには普通にリアルでも寝るようにと医者からアドバイスされている。
【LIVE】バ美肉バレるとどうなるの?【jumius】
jumius(VR研究者・東工大助教):いきものらしい動作を自動生成し、バーチャルなキャラクターとのふれあいをVR・現実の両面で実現する研究を行っている。かわいいキャラクターを人工的に生み出す研究をしていたはずが、VRChatをプレイするようになってからは自身もかわいいキャラクターとして活動するようになってしまった。VR空間での価値創造をアカデミックな側面から促進する「バーチャル学会2020」(cluster)では座長を務めた。

結果

のらきゃっとさん、バーチャル美少女ねむさん、長兎路こよりさん、こはるちゃんさん等の人気VTuberと、東工大助教のVR研究者・jumiusさんが参加し、実際にVR睡眠に挑戦する模様を朝まで配信したのち、メリット・デメリットを考察した。平均同時接続136名が朝まで配信を見守る事態となり、深夜にも関わらず生配信の総視聴者数は3,000、総コメント数は4,000を超えた。
メリット
体験者としては、一緒に寝られる多幸感の大きさを改めて実感できた。配信者としては、多くの視聴・コメント・スーパーチャットが集まり、VTuberが「寝ているだけ」でコンテンツとなる可能性を実証できた。視聴者としては、仮想の存在であるVTuberが配信していない時も存在しているような「仮想キャラクターの存在感」をより強く感じる効果が感じられた。
デメリット
通常のVR環境に加えて、VRヘッドマウントディスプレイを被ったまま快適に睡眠するためのビーズクッションや、全身フルトラッキングする場合には電源・バッテリーなどの準備が必要であること。また、現在のVR機器はVR睡眠に最適化されていないため、汗がこもりやすかったり、慣れていないと睡眠が浅くなり熟睡しずらいなどの課題が判明した。

東工大助教のVR研究者・jumiusのコメント
旅行やキャンプなどの「疲れは取れないけど集まって寝ること自体の楽しさ」に近いと感じました。快眠とならなくても非日常の楽しみとして体験する人は増えてもよさそうです。また、目はつぶってしまうのでやはり触覚提示はあると嬉しいと感じました。

遠距離ハグなど遠距離恋愛支援の研究例があるので活用できるかも。 エンタメとしては、隣で次々面白いことが起きていたようで寝ていた事をちょっと後悔しました(趣旨的には寝てて正解のはず!)「誤認識寝言」は面白いアイデアですね。バーチャルな存在が睡眠を見せることで24時間生活している存在感が供給される、という観点も興味深かったです。

VRChatに広がる宇宙

こんな記事も読まれています

イベント情報

5/2 公開生配信「VR睡眠ライブ」

日付
2021年5月2日(5月1日深夜) 00:00AM~08:24AM
配信時間
8時間24分
配信
ねむちゃんねる (YouTube)

関連キーフレーズ

33
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ