108

連載 | #2 アニメーションズ・ブリッジ

アニメ『Sonny Boy』が描くSF群像劇+作画の面白さ 夏目真悟の現代版“漂流教室”

アニメ『Sonny Boy』が描くSF群像劇+作画の面白さ 夏目真悟の現代版“漂流教室”

夏目真悟監督によるオリジナルアニメ『Sonny Boy』/画像は『Sonny Boy』ロングPVより

POPなポイントを3行で

  • 夏目真悟監督のオリジナルアニメ『Sonny Boy』
  • コロナ禍にも通じる閉鎖的な状況でのSF群像劇
  • 小気味いい作画に見るアニメーションの面白さ
新型コロナウイルス感染症が日本で猛威を振るいはじめてから1年以上が経過し、人々の生活様式も変化してきた。自宅と必要最低限の生活行動範囲でしか生活しないというのは、ある意味閉鎖的な空間に封じ込められたようなものだ。

これまで表に現れなかったいろいろな問題が噴出するようになってくる。通常の生活でも感じていたことが抑圧された結果、表に出る……というのは誰しも経験したことがあるのではないだろうか。

そんなテーマを「漂流してしまった教室とその生徒」という題材で描くのが、夏目真悟監督が手がけるオリジナルアニメ『Sonny Boy(サニーボーイ)』だ。

本作が発表されるや否や、その一風変わったビジュアルと設定がアニメファンの目を惹いたが、蓋を開けてみるとそこで描かれていたのは「様々な想像の余地を視聴者に委ねる」SF学園ものだった。

ダイナミックな画こそないものの、淡泊に描かれる不穏な雰囲気。そして市川蒼大西沙織悠木碧らが演じる「何を考えているかわからない」キャラクターたち。それらの要素が合わさって、夏目監督が過去に携わった『四畳半神話体系』の湯浅政明監督作品を思わせるような、唯一無二の雰囲気を纏う作品が今生まれている。

文:羽海野渉=太田祥暉(TARKUS) 編集:恩田雄多

目次

『スペース☆ダンディ』夏目真悟の現代版“漂流教室”

『Sonny Boy』

夏目真悟監督といえばアニメーターとしてキャリアを出発させ、OVA『堀さんと宮村くん』で監督デビュー。渡辺信一郎総監督(本作には音楽アドバイザーとして参加)のオリジナルアニメ『スペース☆ダンディ』でテレビシリーズ初監督をつとめる。

その後はマッドハウスを拠点として、『ワンパンマン』『ACCA13区監察課』『ブギーポップは笑わない』を監督してきた。本作はそんな夏目氏が監督・脚本をつとめるオリジナル作品だ。キャラクター原案には『老人Z』『PERFECT BLUE』の江口寿史、主題歌は銀杏BOYZという布陣でも話題を呼んでいる。

主人公は中学3年生の少年少女たち。夏休み半ばの登校日、謎の現象に巻き込まれて長良(ながら)や希たちは学校ごと異次元に転移してしまう。

左から長良(CV:市川蒼)、希(CV:大西沙織)、瑞穂(CV:悠木碧)/画像は公式Twitterより

それと同時に彼らは異能力を発現するが、それを使って暴れる者、リーダーとして統一しようとする者、元の世界へ戻ろうとする者にそれぞれ分かれていく。そして度重なる不可解な現象の中で彼らはサバイバル生活を余儀なくされる。

異次元へ転移した教室、という点で楳図かずおの『漂流教室』を連想させる本作だが、そのテーマはいたってシンプル。極限化に置かれた少年少女たちが、抑圧されていた思いを発露させながらサバイバルする。そして交流した果てに訪れるものは……? ということだ。

1
2
3

こんな記事も読まれています

75
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ