21

ひろゆき、VTuberになる 中田敦彦の顔出し引退撤回宣言を受けて実験的配信

画像はすべて動画「【ひろゆき】顔出し辞めるの難しいのか実験。kwakを呑みながら。2021/04/07 M20」から

POPなポイントを3行で

  • ひろゆきが突如バーチャル化
  • ライブ配信でバーチャルYouTuberデビュー?
  • 中田敦彦の“顔出し引退撤回宣言”がきっかけか
ひろゆきさんが、自身のYouTubeチャンネルで突如バーチャル化。

「【ひろゆき】顔出し辞めるの難しいのか実験。kwakを呑みながら。2021/04/07 M20」というライブ配信にてアバター姿を披露しました。

バーチャルひろゆきさん

終始フラフラしてる

紫のド派手なアイラインと合金のヘルメットが印象的なアバターでインパクトは抜群。ライブ配信がはじまった途端に「」「誰だ貴様」と大反響に。

ひろゆきさんも笑いながら「顔こわいよね」とリスナーに語りかけています。

ひろゆきバーチャル化、きっかけは中田敦彦の顔出し引退宣言

いきなりのバーチャル化でリスナーを楽しませたひろゆきさんですが、理由は動画のタイトルにあるように「顔出しを辞めるのが難しいのか実験する」というもの。

というのも、つい先日“顔出し辞める宣言”をしていた中田敦彦さんが、この試みが失敗だったとして宣言を撤回したことで話題に。

ひろゆきさんは失敗の理由を、中田さんのアバターは「表情がないのが良くなかったのでは」と分析。

そして「表情がわかるアバターなら顔出し引退でも問題ないのでは?」と考えて、実験的にデビューしたと説明しています。
【前言撤回】中田敦彦より重大発表
ちなみにこの流れには伏線もありまして。

中田さんが顔出し辞める宣言をしたことについて、ひろゆきさんは「僕はどうなのかなあと思ってる」と、疑問を持っていたことが3月のライブ配信でわかっています(下の動画15分55秒から)。
【ひろゆき】タイトルわすれ。STOUT DE VÉZELAYを呑みながら。
実は、ひろゆきさんは2018年にもアバターを使用しての配信を行っています(その際は、機材トラブルによってアバターを使用したのは冒頭のみ)。
【ひろゆき】在日問題を解決するにはどうしたらいいか会議 BI会議・番外編
結果的に中田さんは前言を撤回したわけですが、ひろゆきさんはバーチャル化を継続するんでしょうか。

バーチャルひろゆきさん、たま~に見たいと思っているのは筆者だけじゃないような気がします。

急に真顔になるバーチャルひろゆきさん

なんだろう、1年に1回やってもらっていいですか

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

13
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ