369

東京23区の3DCGモデル、国土交通省が無償公開 クリエイティブ・コモンズで商用利用も可

東京23区の3DCGモデル、国土交通省が無償公開 クリエイティブ・コモンズで商用利用も可

画像はすべて「PLATEAU」公式サイトより引用

  • 7 images

POPなポイントを3行で

  • 東京23区の3DCGモデルがオープンソースとして公開
  • 日本全国56都市が順次公開予定
  • ゲームや映像作品の3DCG制作に活用できる!
国土交通省が主導する「Project PLATEAU(プロジェクト プラトー)」が、日本全国56都市の3D都市モデルの整備を完了し、先行して東京都23区の3D都市モデルのオープンデータを公開しました。

整備されたデータは一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会が運用する「G空間情報センター」にて順次公開され、オープンデータとして誰もが自由に利用できるようになります(関連リンクの「G空間情報センター」参照)。

実世界の都市を仮想世界上に再現

3D都市モデルとは、実世界をコンピュータ上で再現した3次元の都市空間情報プラットフォームです。

2次元の地図の上に建物・地形の高さや建物の形状などを加えて作成した3次元の地図に、建築物の名前や用途、建設年などの属性の情報を加えて、都市そのものをデジタル化して再現しています。

これまで各省庁や地方自治体に分散していた建物の情報や人口流動、環境やエネルギーのデータなどを3D都市モデルと統合することで、より高度な都市計画の立案や都市活動のシミュレーション、分析などが可能となります。

さらに、それがオープンデータとして公開されることで、誰もが自由に都市のデータを引き出すことが可能となり、都市を舞台としたゲームや映像作品で用いる3DCG制作に活用するなどエンタメ領域も含めた様々な場面での活用が期待されます。

「CC BY 4.0」だから無償で商用利用もできる!

公式サイトによれば、「Project PLATEAU」のコンテンツの利用はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの表示4.0国際(CC BY)に準拠しています。

利用する際にクレジットし、編集・加工した際はさらにその旨を記載する必要があるが、利用ルールに従うことでコンテンツの複製や公衆送信、翻訳・変形等の翻案はもちろん、商用利用をも許可されます。

(詳しくは関連リンクの「サイトポリシー|PLATEAU Policy」を参照)

3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化事業「Project PLATEAU」

「Project PLATEAU」

「Project PLATEAU」はまちづくりのデジタル化を推進する事業です。

3D都市モデルのオープンデータと併せて、その利用例であるユースケース44件や3D都市モデル導入のためのガイドブック10編を公式サイトにて公開しています。

今後は、3D都市モデルを全国に展開。スマートシティをはじめとするまちづくりのデジタル化の基盤としての役割を果たしていくため、簡易・効率的な整備・更新手法の開発や自動運転やロボット運送などのユースケース開発の深化、街路空間(歩道・車道)や街路樹・標識など緻密なスケールでのデータ整備手法の確立などに取り組むとのことです。

インターネットとお金と文化

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

159
205
5
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ