58

『Fortnite』世界大会で日本人初の偉業 編集部員が見たGG Shibuyaの熱狂

『Fortnite』世界大会で日本人初の偉業 編集部員が見たGG Shibuyaの熱狂

Ruri選手/画像は「AO Summer Smash featuring Fortnite 2020 | Solos」のキャプチャ

POPなポイントを3行で

  • オーストラリアで行われたFortniteの世界大会
  • 日本人で史上初のビクトリーロイヤルを獲得
  • Twitterでトレンド入りも
バトルロイヤルゲーム『Fortnite』の公式世界大会「Fortnite Summer Smash at Australian Open」が2月1日、2日に開催され、そのうちの1試合で日本のRuri選手が日本人史上初のビクトリーロイヤル(バトルロイヤルで最後の1人に生き残ること)を獲得した。

ビクトリーロイヤル獲得した瞬間、Twitterでは配信を見ていたファンによる祝福のツイートなどが多く見受けられトレンド入り。

Ruriさん本人も「トレンド入り最高に嬉しいです。ありがとうございます!!」「応援してくれた方、本当にありがとうございました」と喜びをあわらにした。

人気ゲーム『Fortnite』の世界大会

AO Summer Smash featuring Fortnite 2020 | Solos
「Fortnite Summer Smash at Australian Open」は2019年から始まったテニスの世界四大大会の一つである「全豪オープン」と『Fortnite』フィーチャーしたもので今回で2回目の開催。

1日目にはプロゲーマーと各国で知名度のあるアーティストなどのアマチュアプレーヤーが3人1チームになって戦うチャリティーマッチが開かれ、日本からは三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEELLYさんも参戦した。

しかし、この大会のメインは2日目のソロマッチで、オセアニア地域の最強プレイヤーを中心に北米、アジア、欧州、そしてラテンアメリカの有名プレイヤーたち90人が一気に激突。日本からもプロゲーミングチームに所属している選手など12人が参加した。

ソロマッチでは合計6回の試合が行われ、敵を倒した数や順位によってポイントが加算、最終的な合計得点による総合順位で賞金が獲得できる仕組みになっており、賞金の合計金額は400,000豪ドル(約2900万円)に及ぶ。

この大会は日本各地でもパブリックビューイングが行われ、渋谷PARCOのパブリックビューイング会場では、YouTubeで『Fortnite』のゲーム実況をしているキャプテンしょーたさん、LiaqNさんらのストリーマーが試合の実況と解説を担当し、『Fortnite』ファンと共に戦況を見守った。

『Fortnite』にわかファンの筆者もKAI-YOUのゲーム部部長とe-Sports好きのデザイナーに誘われ、会場に足を運んだ。

会場であるGG Shibuya mobile esports cafe&barの様子/写真は筆者撮影

「Nintendo TOKYO」や「ポケモンセンターシブヤ」など、日本が世界に誇るカルチャーが所狭しと集結した渋谷PARCOの6階にある「GG Shibuya mobile esports cafe&bar」。その名の通り、e-Sportsの配信やイベントができるスペースとして注目を浴びている。

会場に集まった観客は10代が中心。それでも中には親子連れで観戦している人もいて、裾野の広がりを感じることができた。

会場であるGG Shibuya mobile esports cafe&barの様子/写真は筆者撮影

Ruri選手「とてもうれしくて楽しい」

ビクトリーロイヤルを獲得したRuri選手はプロゲーミングチーム・CrazyRaccoonに所属する16歳の現役高校生ゲーマー。

普段から自身のYouTubeチャンネルなどで『Fortnite』のゲーム配信をしており、2019年に開催された「フォートナイト・ワールドカップ」ではソロ部門で100人中33位という好成績を残していた。
【対面】ソロキャッシュカップで20キルした神回【フォートナイト】
Ruri選手がビクトリーロイヤルを獲得したのは6試合中3試合目。ゲーム終盤、相手選手と1対1になってもミスなく冷静なプレイングで勝利を手にした。

勝利後のインタビューでは、終盤でのスリリングな場面について聞かれると「とても緊張しました」と答え、日本の代表として世界と戦っていることについて「とてもうれしくて楽しい」と笑顔を見せた。

パブリックビューイング会場ではRuri選手の一挙手一投足に思わず声が漏れるほどの熱気に包まれ、ビクトリーロイヤルを獲得した瞬間には大きな歓声、そして祝福の拍手が起こった。

筆者はe-Sportsのパブリックビューイング自体はじめての経験だったが素直に楽しめたし、日本のカルチャーを最前線で支える渋谷PARCOで見れるということに感動した。

オンラインゲームをオフラインで、場所をリアルに共有して肌でその熱気を感じることができる機会がもっとあって欲しい、あるべきだと思う。

なお、今大会の優勝者は開催国・オーストラリア出身のBRESO選手。日本円にして720万円もの賞金を獲得した。Ruri選手は総合順位では36位に終わり、そのほか日本人選手はBOB選手が16位、ALICE選手が17位、RizArt選手が19位という好成績を残した。

Fortniteの競技シーンも面白い

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

19
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ