『ラ・ラ・ランド』(La La Land)とは、2016年にアメリカで公開され、日本では2017年2月24日に公開されたミュージカル映画作品。


監督・脚本は、『セッション』でアカデミー賞を含む50を超える賞を受賞したデイミアン・チャゼル


主演は、ライアン・ゴズリングエマ・ストーン

『ラ・ラ・ランド』とは

『ラ・ラ・ランド』とは、2016年にアメリカで公開され、日本では2017年2月24日に公開されたミュージカル映画作品。

監督・脚本は、『セッション』でアカデミー賞を含む50を超える賞を受賞したデイミアン・チャゼル

主演は、ライアン・ゴズリングエマ・ストーン

あらすじ・ストーリー

夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末の店で、あるピアニストの演奏に魅せられる。彼の名はセブ(セバスチャン)、いつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合う。しかし、セブが店の資金作りのために入ったバンドが成功したことから、二人の心はすれ違いはじめる……。

映画『ラ・ラ・ランド』公式サイト

キャスト

  • Sebastian(セバスチャン):ライアン・ゴズリング
  • Mia(ミア):エマ・ストーン
  • Keith(キース):ジョン・レジェンド
  • Caitlin(ケイトリン):ソノヤ・ミズノ
  • Bill(ビル):J・K・シモンズ

スタッフ

  • 監督/脚本:デイミアン・チャゼル
  • プロデューサー:マーク・プラット
  • 振付師:マンディ・ムーア
  • 衣装デザイナー:メアリー・ゾフレス
  • 作曲:ジャスティン・ハーウィッツ
  • 作詞:ベンジとジャスティン
  • 音楽:マリウス・デ・ヴリーズ

受賞歴

第89回アカデミー賞(2017年)

第89回アカデミー賞では、アカデミー史上最多14ノミネート(13部門)、同年最多の6部門を受賞。

  1. 監督賞: デイミアン・チャゼル(32歳で史上最年少受賞)
  2. 主演女優賞:エマ・ストーン
  3. 美術賞
  4. 撮影賞:リヌス・サンドグレン
  5. 作曲賞:ジャスティン・ハーウィッツ
  6. 主題歌賞:「City of Stars」

似たようなキーフレーズ

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』とは、1993年に放送された岩井俊二監督のテレビドラマ作品。 また、再構成されたバージョンが1995年8月12日に映画として劇場公開。 2017年8月18日には、脚本・大根仁、総監督・新房昭之、アニメ...

『たかが世界の終わり』は、グザヴィエ・ドラン監督によるカナダ・フランス合作映画作品。 原題は『Juste la fin du monde』。日本での公開は2017年2月11日。 第69回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞。アカデミー賞外国語映画賞 カナダ代表。...

『君と100回目の恋』とは、2017年2月4日公開の映画。 miwaと坂口健太郎のダブル主演。監督は月川翔。 彼女の運命を変えるため100回人生を捧げようとした彼と、彼の1回の未来を守るため自分の運命を決めた彼女の時をかけめぐる純愛映画。ハッシ...

『キセキ ーあの日のソビトー』とは、ボーカルグループGReeeeNの楽曲「キセキ」の誕生にまつわる物語を描いた映画作品。2017年1月28日公開。 松坂桃李、菅田将暉のダブル主演。監督は兼重淳、脚本は斉藤ひろし。 タイトルの“ソビト”とは、...

溺れるナイフとは、少女漫画誌『別冊フレンド』にて2004年から2013年に渡って連載された、ジョージ朝倉による漫画。また、同名の実写映画も指す。気高くも危うい10代の破裂しそうな恋と衝動を描いたラブストーリー。 実写版映画では望月夏芽役...

この世界の片隅にとは、漫画アクションにて2007年1月23日号から2009年1月20日号まで連載されていた、こうの史代による漫画。また、同作を原作とした劇場版アニメーション映画。 「戦争」と「広島」をテーマに、独特の柔らかい雰囲気で激動の時代を...

ひるなかの流星とは、マーガレットで連載されたやまもり三香による漫画と同作品を原作にした実写映画。 東京に転校してきた田舎育ちの高校1年生・与謝野すずめ、転校先の担任教師・獅子尾五月、女子が苦手で無愛想なクラスメイト・馬村...

同じカテゴリーのキーフレーズ

音楽・映像

更新日: 1371日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ