上田慎一郎

うえだしんいちろう

上田慎一郎は、滋賀県出身の映画監督


2018年、日本だけにとどまらず海外の観客をも熱狂の渦に巻き込んだ映画『カメラを止めるな!』の脚本・監督をつとめた。

上田慎一郎とは

上田慎一郎とは、1984年生まれの日本の映画監督。

中学生の頃から自主映画を撮り始め、高校生になると演劇部に入部し、脚本と演出を担当した。高校卒業後も映画を撮り続けたが、一度はその道を諦めかけたこともある。

その時は、ヒッチハイクで滋賀県から上京しようと試み詐欺被害に遭ったり、小説を自費出版して借金を抱えたりした結果、一時はホームレスになるなど波乱万丈な生活を送っていた。

作品づくりを支える妻・ふくだみゆき

映画監督でもあり、Flashアニメーター、イラストレーターでもあるふくだみゆきとは2014年に結婚。上田の書いた脚本に対して歯に衣着せぬダメ出しをするふくだは、公私ともに欠かすことのできない大切な存在となっている。

世界を熱狂的に感染させた『カメラを止めるな!』

冒頭37分ワンカットのシーンから始まる『カメラを止めるな!』は、2017年に製作・公開された映画。

その映画の構造に仕掛けられたトリックと、ものづくりをする人たちの、それに傾ける情熱が存分に伝わってくるストーリーが話題を呼び、ほとんどネタバレされないまま口コミで広まるという、それこそ映画のような人気の広がりを見せた。

上映館2館から世界へ

日本での上映が始まった2018年6月、この作品を上映したのは、新宿のK's cinemaと池袋のシネマ・ロサのわずか2館であった。

しかし、上述のように口コミが口コミを呼ぶ、まさにゾンビ的感染力をもってして、あっという間に上映館数は増えていった。2018年10月には、財経新聞は累計上映決定関数が335館にまでのぼったと報じた(外部リンク)。

また、海外でも翻訳・上映されるようになり、その熱狂ぶりは国内に負けず劣らず凄まじいものだった。

アメリカ・アジア・ヨーロッパの各地で上映され、世界中の映画祭でも多くの賞を受賞。この映画のもつ「観る人に応援させたくなる力」は万国共通らしく、観客賞の受賞が多かった。

動員・興行収入

300万円をきる予算の中でつくられた『カメラを止めるな!』。国内の観客動員数は、公開から半年経った2018年12月時点で200万人を突破。興行収入も2019年1月時点で31億2000万円という快挙ぶりだ。

『カメ止め』以降の動向

『カメラを止めるな!』が一大ブームを巻き起こしたことが契機となり、上田慎一郎のこれまでの創作活動や生い立ちといったことにも注目が集まるようになった。

あの小説の新装版が発売

上でも触れた、上田が映画製作をしていなかった24歳の頃に自費出版したというSF小説『ドーナツの穴の向こう側』が新装版となって発売した。

現在、上田唯一の小説作品。

初期長篇作品も

上田が2011年に製作した長篇映画『お米とおっぱい。』もDVDとなって発売されている。

男たちが集まって「もしも世の中からどちらか一方が無くなってしまうとしたら、お米とおっぱい、どちらを残すか?」を真剣に議論する作品。

新作の製作も進行中

上田は松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクト第7弾に監督として起用。2019年夏の公開を目標としている新作の製作も進んでいるという(外部リンク)。

似たようなキーフレーズ

ムタフカズ

ムタフカズとは、日仏合作のアニメ映画。原作はフランスの漫画家であるギヨーム“RUN”ルナールさん。監督はギヨーム“RUN”ルナールさんと西見祥示郎さん。

カメラを止めるな!

『カメラを止めるな!』は監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールの《シネマプロジェクト》第7弾作品。 監督は上田慎一郎。オーディションで選ばれた無名の俳優達とともに創られた。...

哭声/コクソン

『哭声/コクソン』とは、2016年の韓国製作のサスペンススリラー映画作品。監督は『チェイサー』『哀しき獣』のナ・ホンジン。 日本では2017年3月11日公開。配給はクロックワークス。 出演に、クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、チョン・ウヒ...

笑う招き猫

『笑う招き猫』とは、山本幸久による小説作品。 それを原作とする映画が2017年4月29日に公開予定。それに伴い、ドラマ「笑う招き猫」がMBS、TBSで放送される。全4話。 主演は清水富美加、松井玲奈。監督・脚本は飯塚健。...

第40回日本アカデミー賞

第40回日本アカデミー賞とは、2017年に発表される日本アカデミー賞。 2015年12月16日〜2016年12月15日に公開され、選考基準を満たした作品が対象。

ムーンライト

『ムーンライト』(Moonlight)とは、2016年に公開されたアメリカの映画作品。 日本での公開は2017年4月28日(配給はファントム・フィルム)。 2017年の第89回アカデミー賞では8部門でノミネートを受け、作品賞、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)、脚...

ラ・ラ・ランド

『ラ・ラ・ランド』(La La Land)とは、2016年にアメリカで公開され、日本では2017年2月24日に公開されたミュージカル映画作品。 監督・脚本は、『セッション』でアカデミー賞を含む50を超える賞を受賞したデイミアン・チャゼル。 主演は、ライ...

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』とは、1993年に放送された岩井俊二監督のテレビドラマ作品。 また、再構成されたバージョンが1995年8月12日に映画として劇場公開。 2017年8月18日には、脚本・大根仁、総監督・新房昭之、アニメ...

たかが世界の終わり

『たかが世界の終わり』は、グザヴィエ・ドラン監督によるカナダ・フランス合作映画作品。 原題は『Juste la fin du monde』。日本での公開は2017年2月11日。 第69回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞。アカデミー賞外国語映画賞 カナダ代表。...

君と100回目の恋

『君と100回目の恋』とは、2017年2月4日公開の映画。 miwaと坂口健太郎のダブル主演。監督は月川翔。 彼女の運命を変えるため100回人生を捧げようとした彼と、彼の1回の未来を守るため自分の運命を決めた彼女の時をかけめぐる純愛映画。ハッシ...

キセキ ーあの日のソビトー

『キセキ ーあの日のソビトー』とは、ボーカルグループGReeeeNの楽曲「キセキ」の誕生にまつわる物語を描いた映画作品。2017年1月28日公開。 松坂桃李、菅田将暉のダブル主演。監督は兼重淳、脚本は斉藤ひろし。 タイトルの“ソビト”とは、...

溺れるナイフ

溺れるナイフとは、少女漫画誌『別冊フレンド』にて2004年から2013年に渡って連載された、ジョージ朝倉による漫画。また、同名の実写映画も指す。気高くも危うい10代の破裂しそうな恋と衝動を描いたラブストーリー。 実写版映画では望月夏芽役...

この世界の片隅に

この世界の片隅にとは、漫画アクションにて2007年1月23日号から2009年1月20日号まで連載されていた、こうの史代による漫画。また、同作を原作とした劇場版アニメーション映画。 「戦争」と「広島」をテーマに、独特の柔らかい雰囲気で激動の時代を...

ひるなかの流星

ひるなかの流星とは、マーガレットで連載されたやまもり三香による漫画と同作品を原作にした実写映画。 東京に転校してきた田舎育ちの高校1年生・与謝野すずめ、転校先の担任教師・獅子尾五月、女子が苦手で無愛想なクラスメイト・馬村...

応援上映

応援上映とは、声援・ペンライト持ち込み・コスプレ等が可能である映画上映。映画をライブのように楽しむ、観客参加型の映画上映スタイル。 代表的なものでは「登場人物の名前を呼ぶ・台詞に答える」「登場人物のイメージカラーに合わせてペンラ...

蒲田くん

蒲田くんとは、庵野秀明が総監督を務めた映画『シン・ゴジラ』に登場するゴジラ第二形態の愛称。 海で発見された「第一形態」から急速進化を遂げたのが「第二形態」であり、東京・蒲田に上陸したことから「蒲田くん」という愛称が付いている...

HiGH&LOW

HiGH&LOWは、HIROが企画・プロデュースを務めて展開しているメディアミックスプロジェクト。略称はハイロー。 ドラマ『HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜』に始まり、映画『ROAD TO HiGH&LOW』『HiGH&LOW THE MOVIE』等で物語が進行中。201...

君の名は。

『君の名は。』とは、2016年8月26日に公開されたアニメーション映画。 監督は新海誠、作画監督は安藤雅司、キャラクターデザインは『とらドラ!』や『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などでも知られる田中将賀。音楽は主...

シン・ゴジラ

シン・ゴジラとは、東宝が製作した2016年7月29日公開の映画。キャッチコピーは「現実(ニッポン) 対 虚構(ゴジラ)。」。 『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの庵野秀明が総監督・脚本、『のぼうの城』『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の[...

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
更新日: 132日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ