18

POPなポイントを3行で

  • 上田慎一郎監督の新作タイトルは『イソップの思うツボ』
  • 夏公開『カメ止め』制作陣3人による共同監督作
  • ジャンル、キャスト、ストーリー…謎だらけの期待作

最新ニュースを受け取る

映画『イソップの思うツボ』タイトル決定動画

映画『カメラを止めるな!』の上田慎一郎さんをはじめ、3名の共同監督による新作映画のタイトルが、『イソップの思うツボ』に決定した。

同時に、まるで新元号の発表時のようなタイトル決定動画も公開。タイトル会議終了から30分後に収録された映像からは、タイトル決定の喜び冷めやらぬ熱気が伝わってくるようだ。

「イソップの」を浅沼直也監督が、「思う」を上田監督が、「ツボ」を中泉裕矢監督がそれぞれ手書きした色紙も紹介されている。

平成最後の夏に吹き荒れた『カメ止め』旋風

動員数220万人以上、興行収入31億円を記録して、2018年最大の話題作となった『カメラを止めるな!』。
映画『カメラを止めるな !』予告編
監督・俳優養成スクール・ENBUゼミナールのワークショップとして制作されたインディーズ作品ながら、SNSや口コミなどで話題を呼び、最終的には全国350館以上の映画館で上映された。

第42回日本アカデミー賞では話題賞と最優秀編集賞を受賞したほか、2018年ユーキャン新語・流行語大賞に略称である「カメ止め」がノミネートされるなど、その影響力はもはや社会現象と呼べるほどだ。

令和最初の夏をアツくしそうな『イソップの思うツボ』

『イソップの思うツボ』タイトル色紙 一躍“時の人”となった上田さんが新たに挑む、今夏公開予定の最新作『イソップの思うツボ』は、異例の3監督体制で制作される。

共に監督をつとめるのは、『カメラを止めるな!』で助監督を担当しスピンオフ版の監督でもある中泉裕矢さんと、同作でスチールを担当した浅沼直也さん。

すでに明らかになっている「三角関係」「復讐」「カメ」というキーワードから、再集結した『カメ止め』クリエイターはどのような物語を生み出すのか。 撮影は2018年にわずか9日間で終了。平成最後の夏に映画館を熱狂の渦に巻き込んだチームが、令和最初の夏を再び盛り上げそうだ。

作品のジャンルやキャスト、ストーリーなど、まだまだ謎に包まれている本作。さらなる続報が待たれる。

(c)埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ

令和の夏も映画がアツい

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「カメラを止めるな!」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 9

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ