59

POPなポイントを3行で

  • 第42回日本アカデミー賞の優秀賞15作品などが発表
  • 『カメラを止めるな!』が8部門を受賞
  • 上田監督「夢じゃない。現実が止まらない」と歓喜

最新ニュースを受け取る

『カメラを止めるな!』日本アカデミー賞8部門受賞 監督「現実が止まらない」

『カメラを止めるな!』

第42回日本アカデミー賞」15部門と、新人俳優賞の優秀作品・受賞者が15日、日本アカデミー賞協会から発表された。

優秀作品賞は『カメラを止めるな!』『北の桜守』『孤狼の血』『空飛ぶタイヤ』『万引き家族』の5作品。

特に『カメラを止めるな!』は監督賞・脚本賞・編集賞・主演男優賞・撮影賞・録音賞・音楽賞の8部門を受賞。監督をつとめた上田慎一郎さんも「夢じゃない。現実が止まらない」とTwitterで喜びを表現している。 優秀アニメーション作品賞には『ドラゴンボール超 ブロリー』『未来のミライ』『名探偵コナン ゼロの執行人』に加え、『若おかみは小学生!』『ペンギン・ハイウェイ』も入った。

最優秀賞は3月1日に都内で行われる授賞式で決定する。

快挙を成し遂げた『カメラを止めるな!』

『カメラを止めるな!』は、とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影する中、撮影隊に本物のゾンビが襲いかかっていくというゾンビ映画。
『カメラを止めるな!』全国感染拡大中!
2018年6月に都内2館で上映がはじまると、口コミやSNSでたちまち話題を呼び、公開劇場が増加。公開7週目には、全国10数館という小規模公開ながら、観客動員数が11万人を突破。興行収入ランキングトップ10入りを果たした。

8月からは、全国東宝系をはじめとした劇場にも展開。全国350館以上で上映されている。 監督役とその妻・娘を演じた濱津隆之さん、しゅはまはるみさん、真魚さんが、フジテレビの心霊ドラマ『ほんとにあった怖い話』に揃って家族役で出演するなど、予想外の展開も反響を集めた(関連記事)。

ほかにも盗作報道や展覧会の開催、24時間限定の無料配信など、多くの話題をふりまいた『カメラを止めるな!』。最優秀賞への期待も高まるばかりだ。

第42回日本アカデミー賞 優秀賞

・優秀作品賞
『カメラを止めるな!』
『北の桜守』
『孤狼の血』
『空飛ぶタイヤ』
『万引き家族』

・優秀アニメーション作品賞
『ドラゴンボール超 ブロリー』
『ペンギン・ハイウェイ』
『未来のミライ』
『名探偵コナンゼロの執行人』
『若おかみは小学生!』

・優秀監督賞
上田慎一郎『カメラを止めるな!』
是枝裕和『万引き家族』
白石和彌『孤狼の血』
滝田洋二郎『北の桜守』
本木克英『空飛ぶタイヤ』

・優秀主演男優賞
岡田准一『散り椿』
舘ひろし『終わった人』
濱津隆之『カメラを止めるな!』
役所広司『孤狼の血』
リリー・フランキー『万引き家族』

・優秀主演女優賞
安藤サクラ『万引き家族』
黒木華『日々是好日』
篠原涼子『人魚の眠る家』
松岡茉優『勝手にふるえてろ』
吉永小百合『北の桜守』

・優秀助演男優賞
岸部一徳『北の桜守』
ディーン・フジオカ『空飛ぶタイヤ』
西島秀俊『散り椿』
二宮和也『検察側の罪人』
松坂桃李『孤狼の血』

・優秀助演女優賞
樹木希林『日々是好日』、『万引き家族』
篠原涼子『北の桜守』
深田恭子『空飛ぶタイヤ』
真木よう子『孤狼の血』
松岡茉優『万引き家族』

・優秀音楽賞
小椋佳/星勝/海田庄吾『北の桜守』
加古隆『散り椿』
鈴木伸宏/伊藤翔磨/永井カイル『カメラを止めるな!』
細野晴臣『万引き家族』
安川午朗『孤狼の血』
安川午朗『空飛ぶタイヤ』

・優秀撮影賞
木村大作『散り椿』
近藤龍人『万引き家族』
曽根剛『カメラを止めるな!』
灰原隆裕『孤狼の血』
浜田毅『北の桜守』

・優秀照明賞
宗賢次郎『散り椿』
藤井勇『万引き家族』
川井稔『孤狼の血』
髙屋齋『北の桜守』

・優秀美術賞
今村力『孤狼の血』
西村貴志『空飛ぶタイヤ』
原田満生『散り椿』
部谷京子『北の桜守』
三ツ松けいこ『万引き家族』

・優秀録音賞
浦田和治『孤狼の血』
小野寺修『北の桜守』
栗原和弘『空飛ぶタイヤ』
古茂田耕吉『カメラを止めるな!』
冨田和彦『万引き家族』

・優秀編集賞
上田慎一郎『カメラを止めるな!』
加藤ひとみ『孤狼の血』
川瀬功『空飛ぶタイヤ』
是枝裕和『万引き家族』
李英美『北の桜守』

・優秀外国作品賞
『グレイテスト・ショーマン』
『シェイプ・オブ・ウォーター』
『スリー・ビルボード』
『ボヘミアン・ラプソディ』
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

・新人俳優賞
上白石萌歌『羊と鋼の森』
趣里『生きてるだけで、愛。』
平手友梨奈『響―HIBIKI―』
芳根京子『累―かさね―』『散り椿』
伊藤健太郎『コーヒーが冷めないうちに』
中川大志『坂道のアポロン』『覚悟はいいかそこの女子。』
成田凌『スマホを落としただけなのに』『ビブリア古書堂の事件手帖』
吉沢亮『リバーズ・エッジ』 第42回日本アカデミー賞公式サイトより

『カメラを止めるな!』が席巻した2018年

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「カメラを止めるな!」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 6

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ