KAI-YOU.netに登録して
さらなる爆ポップ体験を!

169

連載 | #11 アニメーションズ・ブリッジ

アニメ『リコリス・リコイル』は視聴者を逃さない 絶対に“観てしまう”画面づくり

アニメ『リコリス・リコイル』は視聴者を逃さない 絶対に“観てしまう”画面づくり

TVアニメ『リコリス・リコイル』

1クールに数十本という、とても全部観るとは言いづらい深夜アニメの本数。初手から個人的身の上話で申し訳ないのだが、その中でも継続視聴をする決め手としているのが、「主人公たちの関係性の変化」である。

何も交流がなかった人たちがイベントを経て仲が深まり、呼び方が変わる。そして、友情や恋心が芽生え、さらにイベントが起きていく──そういった意味では、2021年に放送された『SSSS.DYNAZENON』のよもゆめ(麻中蓬と南夢芽)の関係性は最高だった。そんな作品から約1年。また、関係性の発展が気になるアニメが登場した。

それが『リコリス・リコイル』(通称・リコリコ)である。
社会を乱す存在を消して消して消して…それがリコリス
リコリス・リコイル』は、『ソードアート・オンライン』『WORKING!!』で知られるアニメーター・足立慎吾の初監督作品にして、銃器を扱う女子高生たち(住民票がない!)のドンパチありな日常もの。

漫画『この美術部には問題がある!』の作者・いみぎむるがキャラクターデザインをつとめ、フェティッシュでありながらアクション描写の緊迫さもある。A-1 Pictures制作の絶妙なオリジナルアニメだ。この作品で筆者が特に注目したいのは、メインキャラクターである錦木千束(にしきぎ・ちさと)と井ノ上たきなの関係性である。

安済知佳若山詩音という「生っぽい」演技を魅力とする声優がキャラクターの魅力をより際立たせていく。それが、足立監督がリードする緊迫したストーリーと、丸山裕介副監督らが引っ張っている演出面をさらに鮮やかにしていくのだ。

そんなわけで、今回は関係性とひと目で画面へと引き込む演出面(レイアウト含む)が素晴らしい『リコリス・リコイル』について、深掘りしていきたい。

文:太田祥暉(TARKUS) 編集:恩田雄多

『リコリコ』で輝く“生っぽい”演技の声優

TVアニメ『リコリス・リコイル』

犯罪を未然に防ぐべく暗躍する組織・DA(Direct Attack)。そこに所属していたエージェント(リコリス)・井ノ上たきな(CV:若山詩音)は、命令違反の責任を問われて支部である喫茶リコリコに飛ばされる。一見すると和風なカフェだが、やはりDAの支部。先輩である錦木千束(CV:安済知佳)とともに様々な依頼に駆り出されることになる。

『リコリス・リコイル』の設定としては、硝煙の匂いが蔓延るアクションもの。しかし、そこは『WORKING!!』に携わった足立監督。合理的な性格ゆえにあまり心を開かないたきなが、自由奔放な性格の天才・千束と交流を深めていく過程をメインに描いていく。 この二人を演じる安済知佳と若山詩音は、奇しくも先に挙げた『SSSS.DYNAZENON』で共演。前者は『響け!ユーフォニアム』(高坂麗奈役)、後者は『空の青さを知る人よ』(相生あおい役)でも観客に鮮烈な印象を与えているが、その二作品はリアルさがある種の売りだった。

しかし『リコリス・リコイル』は、いみぎみるの萌え的なイラストがメイン。二人の武器ともいえる「生っぽさ」をメインに据えるのはいささかミスマッチでは、と思う人もいるだろう(いみぎみる作品の『この美術部には問題がある!』は萌え的なアプローチが取られていた)。

錦木千束(CV:安済知佳)。実は歴代最強と称されるリコリスで、たきなを迎え入れる喫茶リコリコの自称・看板娘。

井ノ上たきな(CV:若山詩音)。任務失敗の責任を負わされ喫茶リコリコへ。合理的で無駄を嫌い、当初は千束に不満を感じることも。

だが、この二人がキャラクターに命を吹き込むことで、ただフィクションにいるというわけではなく、リアル目の演技で地に足のついたキャラクター像が確立された。荒唐無稽ともいえる舞台設定に説得力を持たせることに成功している。DAによって犯罪が激減した近未来の日本。それを伝える一つの役割として、安済知佳・若山詩音の声があるように感じる。

先に公開された足立監督へのインタビューによると、企画初期は女の子が銃を持って戦うことだけが決まっていた(外部リンク)。しかし、内容としてはシリアスめだったようで、先行作品の『GUNSLINGER GIRL』や真下耕一監督の諸作品とかち合わないためにどうしたらいいかと考えた末で、ポジティブな作品になったという。

加えて、ミリタリー面を推すわけではなく、千束とたきなというタイプ違いな女の子二人が仲良くなる様子に焦点を絞ったのだ。もちろん監視社会になろうとしている昨今の社会情勢を皮肉ったDAの設定はあるにしろ、一視聴者としては「千束とたきなが可愛い!」「関係性萌え!」と言える作品だ。
1
2
3

こんな記事も読まれています

連載

アニメーションズ・ブリッジ

毎クールごとに膨大な量が放送されるアニメ。漫画やライトノベルを原作としたもの、もしくは原作なしのオリジナルと、そこには新たな作品・表現との出会いが待っている。 連載「アニメーションズ・ブリッジ」では、数々の作品の中から、アニメライター兼ライトノベルライターである筆者が、アニメ・ラノベ etc.を橋渡しする作品をピックアップ。 「このアニメが好きならこの原作も」、そして「こんな面白い新作もある」と、1つの作品をきっかけにまだ見ぬ名作への架け橋をつくり出していく。

118
Share
31
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ