72

石岡瑛子の回顧展がオンライン公開 先鋭的な広告アート生んだ伝説のデザイナー

石岡瑛子の回顧展がオンライン公開 先鋭的な広告アート生んだ伝説のデザイナー

「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」/画像は東京都現代美術館公式サイトより

POPなポイントを3行で

  • 石岡瑛子の回顧展がオンライン公開
  • グラミーやアカデミー賞受賞など世界で活躍
  • VRとハイライト映像を3月まで無料公開
世界的なアートディレクター/デザイナー・石岡瑛子さんの回顧展「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」のアーカイブが、2022年3月31日(木)までオンライン上で公開される。

公開されたハイクオリティの360°VRコンテンツとハイライト映像で、回顧展の世界を堪能することができる。

世界に名を轟かせた石岡瑛子

2012年に亡くなるまでに、ジャズトランペット奏者のマイルス・デイヴィスさんのアルバム『TUTU』のジャケットデザインでグラミー賞、映画『ドラキュラ』でアカデミー賞衣装デザイン賞を受賞した石岡瑛子さん。

北京オリンピック開会式では衣装デザインを担当するなど、世界的に有名なアートディレクター/デザイナーとして知られている。

ほかにも、社会現象となった資生堂「サマー・キャンペーン」のポスターやパルコや角川書店などの数々の歴史的な広告を手がけており、1980年代初頭からはニューヨークに拠点を移し、映画、オペラ、サーカス、演劇、ミュージック・ビデオなど、多岐にわたり活動した。

石岡瑛子の回顧展をオンライン公開

「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」展ハイライト映像
東京都現代美術館で2020年11月から2021年2月まで実施された回顧展「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で限られた観客しか入場できなかったという点から、今回のアーカイブ公開が決まった。

ハイライト映像では石岡瑛子さんの作品をはじめ、語録・映像などを音声ありの解説とともに楽しむことができる。

また、実際の会場気分を味わえる360°VRも公開。これに加えて、360°VRでは下記2つの動画アーカイブが鑑賞できる(外部リンク)。

DOMMUNEアーカイブ
「東京都現代美術館 Presents 『石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか』開催記念5時間番組『Encyclopedia of EIKO ISHIOKA』」(制作・編集 DOMMUNE)
【出演】コムアイ、マキシーン・ヴァンクリフ(ファッション・ディレクター)、荒川弘之(写真家)、松下徹(SIDECORE)、桜井久美(衣装デザイナー、アトリエHINODE)、ドリアン・ロロブリジーダ(ドラァグクイーン)、hossy(ドラァグクイーン)、河尻亨一(編集者、作家)、永井裕明(アートディレクター)、松本弦人(アートディレクター、グラフィックデザイナー)、宇川直宏(DOMMUNE、”現在美術家” )、藪前知子(東京都現代美術館 学芸員)

VABF関連イベント「石岡瑛子を語りつくす」トークセッション
【出演】河尻亨一(元・広告批評編集長)、藪前知子(東京都現代美術館 学芸員)

生きている実感を味わえる作品

こんな記事も読まれています

回顧展情報

「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」

会期
2022年3月31日(木)まで

関連キーフレーズ

12
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ