45

空に浮かぶ巨大な「顔」再び東京に現れる 現代アートチーム 目[mé]の思惑

空に浮かぶ巨大な「顔」再び東京に現れる 現代アートチーム 目[mé]の思惑

目[mé]《まさゆめ》, 2019-2021, Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13 撮影:津島岳央

  • 12 images

POPなポイントを3行で

  • 現代アートチーム・目[mé]のプロジェクト「《まさゆめ》」
  • ビル7階分の高さになる巨大な誰かの顔が空に浮かぶ
  • 再び現れた顔と、そこに込められた意図
現代アートチーム・目[mé]が企画するプロジェクト「《まさゆめ》」。7月にビル6〜7階分の大きさにもなる巨大な誰かの顔が、突如東京の空に現れたことで話題になった。

文化の祭典「Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13」のプロジェクトひとつで、目[mé]のアーティスト・荒神明香さんが中学生のときに見た夢に着想を得ているというこの企画が、再び東京の空を舞台に実施。

本日8月13日(金)早朝、東京23区東部のある場所に、その顔は現れた。

目[mé]《まさゆめ》, 2019-2021, Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13 撮影:津島岳央

【画像11枚】ふいに東京の空に現れた“実在する一人の顔”

自分だったかもしれない「誰かの顔」

目[mé]《まさゆめ》, 2019-2021, Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13 撮影:金田幸三

「《まさゆめ》」は、年齢、性別、国籍を問わず、世界中からひろく顔を募集し、もしかすれば自分や友人だったかもしれない“実在する一人の顔”を東京の空に浮かべるプロジェクト。

個人を最も表象する顔を、現代の東京という極めて公的な風景のなかに見ることで、正反対である「個」と「公」の関係のなかに自らの存在を問い、様々な困難に直面する現状に、新たなものの見方を示唆することを目指している。

なお「遭遇的な作品との出会いを通して、それぞれの主体的な体験を重視したい」というアーティストの思いをもとに、YouTubeでのライブ配信やTwitterでの状況報告は行われるものの、浮上日時や場所は事前に公表されていない。

<アーティスト・ステートメント>(抜粋)
1964年とは全く違うこの時代、そしてパンデミックの状況下、大きく見失われることになった、私たち人間の行動の根 幹を支える「意義」。それを見出すのは、私たちの主体性と想像力に他なりません。現代アートチーム目[mé]は、この 人類最大規模の集いに、そしてこのパンデミックの困難な状況に、大きな「意義」を見出そうとすること、そして、その実感を後世に伝えることを、今も尚、諦めていません。たとえ、この大きな亡失が世界中に途方もなく広がっていたとしても、たった一人の少女の「夢」が、その大きな想像のきっかけになり得ることを私たちは知っています。私たちは、どんな状況であっても意味や理由だけに縛られず、新たな視線を持ってこの世界に対峙しなければならない。人類がいつも想像によって「後から」その意義を掴み、こうしてこの世界に生存し続けてきたように。

実在を問う

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

20
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ