11

POPなポイントを3行で

  • ジャンケンをモチーフにしたカードゲームが登場
  • 制作は「∞(むげん)プチプチ」「民芸スタジアム」などの高橋晋平
  • 仮想通貨ボドゲもクラウドファンディング中!

最新ニュースを受け取る

2重の3すくみが駆け引きを生む「じゃんけん」とは? 仮想通貨ボドゲも

『グーチョキパーダラピン』

ジャンケンをモチーフにしたカードゲーム『グーチョキパーダラピン』が、5月5日(土)より販売される。価格は1,666円(税別)。

これは、日本おもちゃ大賞を受賞した「∞(むげん)プチプチ」や民芸品を戦わせ合う「民芸スタジアム」などを送り出してきた高橋晋平さんによる最新作だ。詳しいルールは以下。

最初はグー…

『グーチョキパーダラピン』は、「グー」「チョキ」「パー」の3すくみと呼ばれる「じゃんけん」のルールをベー スに、新たに「ダラ」と「ピン」という2種類の手を追加して駆け引きと心理戦が発生するようにしたゲーム。
グーチョキパーダラピン早見表

グーチョキパーダラピン勝敗早見表

「グー」「チョキ」「パー」の3すくみはそのまま。ただし「グー」「チョキ」「パー」すべてに勝つ「ピン」と、「ピン」にだけ勝てる「ダラ」が加わることで3すくみが2重になるという構造だ。

また、「じゃんけんの勝敗」ではなく、手ごとに設定されたポイントの総計で勝負がつくことや、勝負に勝てば「グー/パー」を捨て札にさせる「チョキ」の存在が深い読み合いを加速させる。

なお、本商品は5月5日に東京ビッグサイトで開かれるイベント「ゲームマーケット2018春」や、Web販売も受付中(外部リンク)。
detail_3990_1520934623

THE仮想通貨

また、高橋さんは仮想通貨をテーマにしたゲーム 『THE仮想通貨』を、4月20日(金)18時まで「Makuake」にてクラウドファンディング中。

プロの投資家の意見を取り入れて開発されたというゲーム性と、少しずつ資産を積み重ねていきながら相手の裏をかくというリアルな駆け引きを両立した作品になっている。

春だからボードゲームやりたい

こんな記事も読まれています

商品情報

グーチョキパーダラピン

希望小売価格 1,666円(税別)
発売日 2018年5月5日
セット内容 カード30枚、ハートチップ30個、取扱説明書
対象年齢 6歳以上
プレイ人数 2~6人(商品が2セットあれば、2~12人)
プレイ時間 3~15分
メインターゲット 小学生、社会人男女
スタッフ ゲーム開発/高橋晋平(株式会社ウサギ) 、グラフィック/吉川晋平(有限会社エハラ)

関連キーフレーズ

「ゲームマーケット」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 7

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ