1359

最新ニュースを受け取る

仏像になりきれる螺髪ニットキャップが尊い… 国立博物館とのコラボも

らほつニットキャップ コラボ限定カラー「光背マスタード」/画像はすべてフェリシモより

仏像の頭髪「螺髪」(らほつ)をイメージした『らほつニットキャップ』が、通販ショップ・フェリシモから発売される。

また、東京国立博物館で、9月13日(火)から12月11日(日)まで開催される特別企画展「平安の秘仏−滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」とのコラボ限定カラー「光背マスタード」もミュージアムショップにて販売される。

購入ページは現在制作中で、価格などは後日発表となる。

仏さまの頭髪「螺髪」モチーフのありがたいニット帽

らほつニットキャップ/画像はしあわせ生活プログラムメンバーズ|フェリシモより 2 螺髪とは、悟りを開いた「如来」と呼ばれる仏さまだけに現れる特徴的な頭髪。 らほつニットキャップ/画像はしあわせ生活プログラムメンバーズ|フェリシモより 3 らほつニットキャップ/画像はしあわせ生活プログラムメンバーズ|フェリシモより 4 『らほつニットキャップ』では、知恵の証であるコブの部分「肉髻(にっけい)」や、福耳の「耳輪垂成(じりんすいじょう)」を再現。 らほつニットキャップ/画像はしあわせ生活プログラムメンバーズ|フェリシモより 5 螺髪の形や絶妙なサイズ感にもこだわって編みあげられており、耳たぶの部分を留めることも可能で、普通のニットキャップのようにかぶることもできる。 らほつニットキャップ/画像はしあわせ生活プログラムメンバーズ|フェリシモより 6 カラーは、グレイ、アイボリー、レッド、ネイビーの4色。そして、「平安の秘仏−滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」の会場限定で販売される光背マスタードとなる。

こんな記事も読まれています

イベント情報

平安の秘仏−滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち

会場 東京国立博物館 本館特別5室(東京・上野公園)
(〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9)
会期 2016年9月13日(火)~12月11日(日)
開館時間 午前9時30分~午後5時
※金曜日は午後8時まで、9月の土・日曜、祝日は午後6時まで
※10月14日(金)・15日(土)は午後10時まで、
 10月22日(土)・11月3日(木・祝)・5日(土)は午後8時まで
※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日
※ただし9月19日(月・祝)、10月10日(月・祝)は開館、
 9月20日(火)、10月11日(火)は休館
お問合せ TEL.03-5777-8600(ハローダイヤル)
主催 東京国立博物館、櫟野寺、読売新聞社
後援 TBSラジオ
協賛 日本写真印刷
協力 日本通運

関連キーフレーズ

「螺髪」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 234

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ