16

顔は何の動物? 十二支が合体した浮世絵師の創作生物がぬいぐるみに

顔は何の動物? 十二支が合体した浮世絵師の創作生物がぬいぐるみに

家内安全ヲ守十二支マスコット/画像は商品ページより

POPなポイントを3行で

  • 太田記念美術館蔵「家内安全ヲ守十二支之図」
  • 十二支の動物たちが一体に集約された縁起物
  • フェリシモミュージアム部がぬいぐるみに
江戸時代から明治時代にかけて活躍した浮世絵師・歌川芳虎さんが描いた浮世絵「家内安全ヲ守十二支之図」が、太田記念美術館の監修の下、フェリシモミュージアム部によってグッズ化。

家内の安全を守るため、十二支を合体させて描かれたゆるさのある出で立ちが、そのままぬいぐるみになって登場しました。

マスコットにはボールチェーンが付いているほか、家に届いたらすぐに飾れるように金屏風も付属。1セット2530円(税込)で販売中です。

江戸時代の錦絵がマスコットとして登場

今回ぬいぐるみが発売された「家内安全ヲ守十二支之図」は、江戸時代に家内の安全を願い歌川芳虎さんによって描かれたもの。太田記念美術館に収蔵されています。

十二支が集約されており、顔が(ネズミ)、角が、背中の模様が、耳が(ウサギ)、火炎が(龍)、しっぽが(ヘビ)、たてがみが(馬)、ひげが(羊)、後ろ足が(猿)、とさかが(鶏)、前足が(犬)、背中の毛並みが(イノシシ)です。

歌川芳虎「家内安全ヲ守十二支之図」 /画像はnoteより

家内安全ヲ守十二支マスコット/画像はnoteより

その姿は、どこかアマビエと近いものを感じるような、なんとも言えぬゆるさがあります。

じっくり見るとそれぞれの特徴を良く捉えて描かれているのが分かりますが、ぬいぐるみでどのように再現してあるかが図でも説明されています。

これで干支に合わせて飾り直す必要なし?

全ての十二支が集約され、家内の安全も保たれそうな「家内安全ヲ守十二支之図」もとい「家内安全ヲ守十二支マスコット」。

新年が何年でも、このマスコット一体あればカバーできるので、付属している金屏風とともにこちらを飾ればもう新しい干支の飾りを用意する必要もないかも?

家内安全ヲ守十二支マスコット(正面)/画像は商品ページより

家内安全ヲ守十二支マスコット(後ろ)

正面から見ると、なんだかねずみの顔ということもあって愛着の湧く風貌。この子なら玄関に繰り返し登場しても和みそうです。

ボールチェーン付きなので、縁起のよいお出かけの際は鞄に付けて、一緒に連れて行ってみてはいかがでしょうか。

家内安全ヲ守十二支マスコット(withバッグ)

こちらも見ていて楽しい作品

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

13
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ