伴名練

はんな れん

伴名練は、日本の小説家。1988年生まれ、高知県出身。大学在学中に応募した「遠呪」にて、角川書店主催の第17回日本ホラー小説大賞の短編賞を受賞。代表作に『なめらかな世界と、その敵』。兼業作家。

目次

概要

小学生時代から世界中、古今東西のSF作品に耽溺していたことが明かされている。

京都大学文学部卒。在学中より第4期京都大学SF研究会に所属。

2010年、大学在学中に応募した「遠呪」にて、角川書店主催の第17回日本ホラー小説大賞の短編賞を受賞。同年10月、受賞作に改題・改稿を施した「少女禁区」に、書下ろしの近未来SF中編「Chocolate blood, biscuit hearts.」を併録した『少女禁区』(角川ホラー文庫) で作家デビューした。

2019年8月、9年ぶりに小説集『なめらかな世界と、その敵』を刊行。デビュー以来、商業での新作執筆はほぼなかったものの、同人誌に寄稿していた作品を編纂した作品集となった。

その他

伴名練というペンネームは1930〜50年代にかけて活躍したハンナ・アーレント(ドイツの哲学者)を連想させるが、本人はインタビューで否定している。特別な意味は込められているようだが、2020年現在明かさせていない。

デビュー作から2作目の『なめらかな世界と、その敵』刊行まで9年の歳月が経っているが、その理由は作者の就職となっている。

似たようなキーフレーズ

城平京

城平京とは、日本の漫画原作作家・小説家。代表作『絶園のテンペスト』『虚構推理』など

舞城王太郎

小説家、脚本家。福井県南条郡今庄町(現・南越前町)出身。映画・ドラマ・アニメ・ゲームなどの映像作品を企画・制作・販売するユニット「REALCOFFEE」に所属。 2001 年『煙か土か食い物 Smoke, Soil or Sacrifices』でメフィスト賞を受賞しデビュー。 2...

村田沙耶香

村田沙耶香とは、1979年生まれ・千葉県(千葉ニュータウン)出身の小説家・エッセイスト。 2016年、『コンビニ人間』で第155回芥川賞を受賞。その他の作品は『消滅世界』『殺人出産』『しろいろの街の、その骨の体温の』『ギンイロ...

西尾維新

西尾維新とは、日本の小説家、脚本家、漫画原作者。代表作に戯言シリーズ、〈物語〉シリーズ等。異常なまでの速筆と多作、言葉遊びを多用する文体、特徴的なキャラクターの設計などで知られる。...

いとうせいこう

いとうせいこうとは、1961年生まれの小説家・ラッパー・俳優・タレント。ヒップホップユニット□□□のメンバー。小説『ノーライフキング』で三島由紀夫賞候補。

武田綾乃

武田綾乃は、日本の小説家。代表作に『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽へようこそ』がある。

野崎まど

野崎まどは、日本の小説家。東京都墨田区生まれ。麻布大学獣医学部卒。男性。小説『[映] アムリタ』で、電撃小説大賞の一部門として新設された「メディアワークス文庫賞」の最初の受賞者。『know』で第34回日本SF大賞にノミネート。...

大森藤ノ

大森藤ノは、日本の小説家・ライトノベル作家。代表作は『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』。

嶽本野ばら

嶽本野ばらは、日本の小説家、エッセイスト。代表作は『下妻物語』等。少女趣味のファッションや言説で「乙女のカリスマ」と呼ばれている。

伊藤計劃

SF作家。武蔵野美術大学美術学部映像科卒。Webデザイナーとして働く傍ら小説の執筆を行う。2007年に作家デビューしてからわずか2年ほどで早逝したが、遺作となった『ハーモニー』は2010年代の日本SFのベストに挙げられている。...

フィリップ・K・ディック

フィリップ・K・ディックはアメリカのSF作家。代表作に『高い城の男』『暗闇のスキャナー』『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』等。

古川日出男

古川日出男は、日本の小説家、劇作家。福島県郡山市出身。

長谷敏司

長谷敏司は、日本の小説家。SF・ファンタジー小説を執筆。大阪府生まれ。関西大学卒業。日本SF作家クラブ所属。代表作に『円環少女』シリーズ、『あなたのための物語』『BEATLESS』等。...

森見登美彦

森見登美彦は、日本の小説家。1979年1月6日生まれ。奈良県生駒市出身。代表作に『夜は短し歩けよ乙女』『四畳半神話大系』等。2010年に『ペンギン・ハイウェイ』で日本SF大賞受賞。...

川上未映子

小説家、詩人。ミュージシャン、女優としても活躍する。2009年『音楽活動時は未映子(みえこ)名義も使用する。2008年に第138回芥川賞を『乳と卵』で受賞。2009年に詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』で第14回中原中也賞を受賞。...

谷川流

兵庫県在住の小説家。2003年、代表作となるライトノベル『涼宮ハルヒの憂鬱』で第8回角川スニーカー大賞を受賞、同作で文庫デビューを果たす。

八田モンキー

小説家、Webエンジニア。元KAI-YOUで現在はフリーランス。第三回講談社BOX新人賞STONES受賞。

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ