舞城王太郎

まいじょうおうたろう

小説家、脚本家。福井県南条郡今庄町(現・南越前町)出身。映画・ドラマ・アニメ・ゲームなどの映像作品を企画・制作・販売するユニット「REALCOFFEE」に所属。


2001 年『煙か土か食い物 Smoke, Soil or Sacrifices』でメフィスト賞を受賞しデビュー。 2003年『阿修羅ガール』で三島由紀夫賞を受賞。


学歴・職歴は非公表の覆面作家であり、三島由紀夫賞の授賞式にも欠席した。


漫画『バイオーグ・トリニティ』(漫画・大暮維人)の原作や、実写特撮作品『巨神兵東京に現る』の言語を手掛けるなど、その活動は多岐に及ぶ。

作風

ミステリやSFなどの要素をスリップストリーム的に盛り込んだ物語、異様な超現実と卑近な日常の錯綜するディテール、独特のスピード感とリズムを持った口語文体を特徴とする。

主に出身地の「福井県」を舞台にすることが多く、方言や地方性といった根幹から、スリップストリーム的に人物再登場などの文学技法を再解釈した点も含めて、中上健次の「紀州」や阿部和重の「神町」のように「福井」に根付いた物語群を構築している。他に東京都調布市もいくつかの作品の舞台になっている。

また、自身で書籍のデザインや挿画を手がけることも多い。

文学賞受賞・候補歴

  • 2001年
    • 『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞受賞。
  • 2002年
    • 「熊の場所」で第15回三島由紀夫賞候補。
  • 2003年
    • 『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞受賞。
    • 『山ん中の獅見朋成雄』で第25回野間文芸新人賞候補。
    • 「ピコーン!」で第56回日本推理作家協会賞(短編部門)候補。
  • 2004年
    • 『好き好き大好き超愛してる。』で第131回芥川龍之介賞候補。
    • 第26回野間文芸新人賞候補。
  • 2009年
    • 『好き好き大好き超愛してる。』で第2回大学読書人大賞受賞。
    • 『ビッチマグネット』で第142回芥川龍之介賞候補。
  • 2012年
    • 『短篇五芒星』で第147回芥川龍之介賞候補。
  • 2013年
    • 『美味しいシャワーヘッド』で第148回芥川龍之介賞候補。

似たようなキーフレーズ

大森藤ノは、日本の小説家・ライトノベル作家。代表作は『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』。

嶽本野ばらは、日本の小説家、エッセイスト。代表作は『下妻物語』等。少女趣味のファッションや言説で「乙女のカリスマ」と呼ばれている。

SF作家。武蔵野美術大学美術学部映像科卒。Webデザイナーとして働く傍ら小説の執筆を行う。2007年に作家デビューしてからわずか2年ほどで早逝したが、遺作となった『ハーモニー』は2010年代の日本SFのベストに挙げられている。...

フィリップ・K・ディックはアメリカのSF作家。代表作に『高い城の男』『暗闇のスキャナー』『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』等。

古川日出男は、日本の小説家、劇作家。福島県郡山市出身。

長谷敏司は、日本の小説家。SF・ファンタジー小説を執筆。大阪府生まれ。関西大学卒業。日本SF作家クラブ所属。代表作に『円環少女』シリーズ、『あなたのための物語』『BEATLESS』等。...

森見登美彦は、日本の小説家。1979年1月6日生まれ。奈良県生駒市出身。代表作に『夜は短し歩けよ乙女』『四畳半神話大系』等。2010年に『ペンギン・ハイウェイ』で日本SF大賞受賞。...

同じカテゴリーのキーフレーズ

本・文芸

更新日: 1473日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ