終物語

おわりものがたり

西尾維新による青春怪異小説〈物語〉シリーズの最終章。通巻15巻目として講談社BOXレーベルにて上巻が2013年10月23日に、16巻目として中巻が2014年1月29日に、17巻目として下巻が2014年4月3日に刊行された。2015年10月よりTVアニメ版も放映開始。

キャッチコピー

「青春の、終わりを告げる影がさす。」  (上巻)
「青春は、『彼』を語らず終われない。」 (中巻)
「青春は、『僕』がいなくちゃはじまらない。」 (下巻)

概要

上巻は時系列的には本シリーズの主人公である阿良々木暦の高校三年の10月下旬となっているが、彼の過去の事件が語られる。暦が少年時代に出会った数学の得意な少女・老倉育(おいくらそだち)に纏わるエピソードを忍野扇が聞き出し、それに纏わる謎を解く。

中巻は『傾物語』『鬼物語』から続く暦の夏休み最後の冒険の結末、400年振りに復活した忍野忍の最初の眷属・「初代怪異殺し」との対決が描かれている。時系列的には『猫物語(白)』後半部と同時進行であり、クロスオーバーする場面もいくつか登場している。

下巻は『暦物語』第十二話「こよみデッド」の続きの物語。阿良々木暦が迎えた大学受験当日の朝の、地獄の底における八九寺真宵との再会、戦場ヶ原ひたぎ(せんじょうがはらひたぎ)との高校生活最後のデート、そして忍野扇との最終決戦が描かれる。

似たようなキーフレーズ

同じカテゴリーのキーフレーズ

本・文芸

更新日: 1868日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ