小悪魔ageha

こあくまあげは

小悪魔agehaは、日本のギャル系ファッション雑誌。

概要

小悪魔agehaは、日本のギャル系ファッション雑誌。10代から20代までの女性を主な想定読者層とする月刊誌で、“姉ギャル”ならびに“姫ギャル”と呼ばれる系統に類される。ファッション雑誌であると同時に、一種のライフスタイル誌でもあるとする捉え方がある。
最盛期(2008年)には発行40万部・実売30万部を計上。この著しく高い発行部数に加え、キャバクラでの勤労に従事するいわゆるホステスの女性たちを主要な想定読者層とし、さらには誌面に登場するモデルらの多くも現役のホステスであるという、キャバクラの世界との密接な関わりという特色が注目されてきた。
社会学者の宮台真司はこの雑誌を“キャバクラ嬢の教科書”と言い表す。読者には"キャバ嬢のバイブル"と呼ばれる。

休刊、そして復刊

2014年4月15日の出版元の事業停止により休刊、しかし2014年12月に限定復活という形の『小悪魔agehaメモリアルBook』が主婦の友社より発刊。桜井莉菜荒木さやか桃華絵里などの元『小悪魔ageha』モデルの面々を誌面に起用しての発刊で、発売から1週間で5万部を売り上げた。2015年4月18日にネコ・パブリッシング(発行元・ダナリーデラックス)より復刊することが決定した。

似たようなキーフレーズ

RiCE

『RiCE』とは、日本の食文化にスポットを当てたライフスタイルマガジン。日英2カ国語のバイリンガル仕様。季刊誌として1年に4回発行される。2016年10月26日(水)創刊。 「アイスクリーム(EYESCREAM)」元編集長の稲田浩が編集長を務める。...

Olive

『Olive』は、1982年に創刊され、若い女性を中心に絶大な人気を博したファッション誌。2003年に休刊するも、2015年3月にモード誌『GINZA』の別冊付録として復活した。発行するマガジンハウスでは、70周年記念事業のひとつとして「Oliveプロジェクト」を始動し...

ゼクシィ

ゼクシィは、リクルートが発行しているブライダル情報誌。結婚の準備に関するあらゆる情報を紹介し、結婚を控えたカップルの教科書的存在となっている。そのままま使える婚姻届&妄想用婚姻届」「乙女すぎるドライバーセット」といった独特の付録がつく場合も...

月刊タニシ

月間タニシとは、巻貝「タニシ」にフォーカスした業界専門誌。

美術手帖

美術手帖とは、美術出版社から刊行されている月刊の美術誌。 愛称は「BT」

STUDIO VOICE

1976年9月に創刊された日本の月刊カルチャー雑誌である。INFASパブリケーションズ発行。

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
更新日: 191日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ