野﨑まど

のざきまど

小説家。麻布大学獣医学部卒。


2009年、執筆した小説『[映] アムリタ』で、「電撃小説大賞」の部門として新設された「メディアワークス文庫賞」の初代受賞者として作家デビュー。


2020年には最新作『タイタン』を刊行。


映像作品にも携わり、2017年に放送されたテレビアニメ『正解するカド』では脚本・シリーズ構成を、2019年に劇場版アニメ『HELLO WORLD』では脚本・ノベライズ執筆を手がけた。また、『バビロン』も2019年にはテレビアニメ化されている。

天才作家「野﨑まど」

2009年、執筆した小説『[映] アムリタ』で、「電撃小説大賞」の部門として新設された「メディアワークス文庫賞」の初代受賞者として作家デビュー。

メディアワークス文庫から『舞面真面とお面の女』 『死なない生徒殺人事件 ~識別組子とさまよえる不死~』 『小説家の作り方』『パーフェクトフレンド』『2』という一連の作品を刊行する。

のちに、一連の作品の斬新なギミックが発覚。『2』の完成まで、メディアワークスの担当編集者もそのことは知らされていなかったという。

ハヤカワ文庫からは本格SF小説『know』や『ファンタジスタドール イヴ』、電撃文庫からは奇想天外の短編集『野崎まど劇場』『野崎まど劇場(笑)』、講談社タイガからは『バビロン』シリーズなどを刊行。

エンタメから本格SFまで、幅広い作風とテーマに向き合う作家として知られる。

2020年には講談社から最新作『タイタン』を刊行した。AIによって社会が管理された近未来の人間社会を舞台に、「働く」「仕事」をテーマに据えながら、外連味たっぷりの野﨑まど節を炸裂させている。

タイタンをAmazonでチェックする

アニメの脚本・シリーズ構成も 2019年には著書『バビロン』がアニメ化

小説以外にも、映像作品にも携わり、2017年に放送されたテレビアニメ『正解するカド』では脚本・シリーズ構成を、2019年に劇場版アニメ『HELLO WORLD』では脚本・ノベライズ執筆を手がけた。

また、自身の著書『バビロン』も、2019年にはテレビアニメ化され、苛烈な展開に視聴者は度肝を抜かれた。

バビロンをAmazonでチェックする

似たようなキーフレーズ

大森藤ノは、日本の小説家・ライトノベル作家。代表作は『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』。

嶽本野ばらは、日本の小説家、エッセイスト。代表作は『下妻物語』等。少女趣味のファッションや言説で「乙女のカリスマ」と呼ばれている。

SF作家。武蔵野美術大学美術学部映像科卒。Webデザイナーとして働く傍ら小説の執筆を行う。2007年に作家デビューしてからわずか2年ほどで早逝したが、遺作となった『ハーモニー』は2010年代の日本SFのベストに挙げられている。...

フィリップ・K・ディックはアメリカのSF作家。代表作に『高い城の男』『暗闇のスキャナー』『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』等。

古川日出男は、日本の小説家、劇作家。福島県郡山市出身。

長谷敏司は、日本の小説家。SF・ファンタジー小説を執筆。大阪府生まれ。関西大学卒業。日本SF作家クラブ所属。代表作に『円環少女』シリーズ、『あなたのための物語』『BEATLESS』等。...

森見登美彦は、日本の小説家。1979年1月6日生まれ。奈良県生駒市出身。代表作に『夜は短し歩けよ乙女』『四畳半神話大系』等。2010年に『ペンギン・ハイウェイ』で日本SF大賞受賞。...

同じカテゴリーのキーフレーズ

本・文芸

更新日: 156日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ