戯言シリーズ

ざれごとしりーず

戯言シリーズとは、西尾維新のデビュー作『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』をはじめとする小説シリーズ。2016年5月6日にはアニメ化も決定!!!

「戯言シリーズ」とは

戯言シリーズとは、西尾維新のデビュー作『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』をはじめとする小説シリーズ。2002年2月から2005年11月にかけて刊行された全6タイトル9冊で完結しており、イラストは竹が担当。

また「戯言」の読み方は「たわごと」ではなく「ざれごと」である。「たわごと=ばかばかしい話」「ざれごと=ふざけて言う冗談」という意味。

  • 戯言シリーズの概要
    19歳の大学生にして人類最弱の異名を持つ「ぼく」を主人公に、孤島で出会った天才達と密室殺人事件の解決に奔走していく物語だ。西尾維新さんの本領とも言える独特な言い回しや、アクの強いキャラクター造形が、多くのファンを生んだ。(参照元)

なお主人公である「いーちゃん」の本名は明かされておらず、ネット上ではファンの推測が飛び交っている。

「戯言シリーズ」の作品一覧

  • 戯言シリーズの作品一覧
    クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い
    クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識
    クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子
    サイコロジカル(上) 兎吊木垓輔の戯言殺し
    サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄
    ヒトクイマジカル 殺戮奇術の匂宮兄妹
    ネコソギラジカル(上) 十三階段
    ネコソギラジカル(中) 赤き征裁vs.橙なる種
    ネコソギラジカル(下) 青色サヴァンと戯言遣い

なおシリーズ1作目『クビキリサイクル〜』は第23回メフィスト賞の受賞や「このライトノベルがすごい! 2006」で作品部門第1位獲得も果たしている。講談社文庫より完結セットも発売されているため、一気読みしたい人はチェック。

「戯言シリーズ」待望のアニメ化決定

2016年5月6日に発売する「最強シリーズ」最新作『人類最強の純愛』に先駆け、5月1日からティザーサイト「人類最強のカウントダウンサイト」が公開されていた。発売日の0時に向けたカウントダウンが行われ、ここで「戯言シリーズ」のアニメ化が発表された。(なお、ソースコードに「西尾維新アニメプロジェクト」の記載があったため、一部からはアニメ化を指摘する声も挙がっていたとのこと)

2009年『化物語』を第1作として始動し、2016年夏には劇場作品『傷物語』の全国上映も決定している「物語シリーズ」アニメプロジェクト。「物語シリーズ」に続き、西尾維新の原点ともいえる「戯言シリーズ」がついにアニメ化するということで、ファンは大騒ぎ。割れんばかりの大声。 ウィズ涙、プロデュースドバイ悲鳴! また期待が高まる一方で「叙述トリックはどうするの?」「放送できるの…?」等の声も。

とにかく、続報を期待!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
更新日: 921日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ