大前粟生

おおまえあお

大前 粟生とは、92年兵庫県生まれの小説家。男性。


2016年、短編小説『彼女をバスタブにいれて燃やす』が「GRANTA JAPAN with 早稲田文学公募プロジェクト」最優秀作に選出され、デビュー。


『ユキの異常な体質 または僕はどれほどお金がほしいか』で「第二回ブックショートアワード」を受賞。『文鳥』で「at home AWARD大賞」を受賞。


絵本『ハルにははねがはえてるから』を宮崎夏次系と共作、ほかにも短歌やエッセイなども手がけている。小説のほとんどが自身の経験を基に書かれている。

大前粟生

概要

大前 粟生とは、1992年兵庫県生まれの小説家。男性。

2016年、短編小説『彼女をバスタブにいれて燃やす』が「GRANTA JAPAN with 早稲田文学公募プロジェクト」最優秀作に選出されデビュー。

『ユキの異常な体質 または僕はどれほどお金がほしいか』で第二回ブックショートアワード受賞。『文鳥』で「at home AWARD大賞」受賞。「第二回ブックショートアワード」大賞作『ユキの異常な体質/または僕はどれほどお金がほしいか』は、塩出太志監督により2017年に短編映画化。

短歌やエッセイも手がけている。小説のほとんどが自身の経験を基に書かれている。

『おもろい以外いらんねん』は、「アメトーーク!」の「本屋で読書芸人」にてAマッソ・加納が紹介したことで、注目を集めた。

『のけものどもの』(惑星と口笛ブックス)

『回転草』『私と鰐と妹の部屋』(書肆侃侃房)

『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』(河出書房新社)

『おもろい以外いらんねん』(第38回織田作之助賞候補作。河出書房新社)

100の短文と絵の本『岩とからあげをまちがえる』(第14回日本タイトルだけ大賞受賞。ちいさいミシマ社)

宮崎夏次系さんとの共作絵本『ハルにははねがはえてるから』(亜紀書房)

『話がしたいよ』(U-NEXT)

22年2月に恋愛長編小説『きみだからさびしい』(文藝春秋)、3月に児童書『まるみちゃんとうさぎくん』(絵・板垣巴留、ポプラ社)刊行予定。

tumblrより

似たようなキーフレーズ

武田綾乃は、日本の小説家。代表作に『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽へようこそ』がある。

野崎まどは、日本の小説家。東京都墨田区生まれ。麻布大学獣医学部卒。男性。小説『[映] アムリタ』で、電撃小説大賞の一部門として新設された「メディアワークス文庫賞」の最初の受賞者。『know』で第34回日本SF大賞にノミネート。...

大森藤ノは、日本の小説家・ライトノベル作家。代表作は『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』。

嶽本野ばらは、日本の小説家、エッセイスト。代表作は『下妻物語』等。少女趣味のファッションや言説で「乙女のカリスマ」と呼ばれている。

SF作家。武蔵野美術大学美術学部映像科卒。Webデザイナーとして働く傍ら小説の執筆を行う。2007年に作家デビューしてからわずか2年ほどで早逝したが、遺作となった『ハーモニー』は2010年代の日本SFのベストに挙げられている。...

フィリップ・K・ディックはアメリカのSF作家。代表作に『高い城の男』『暗闇のスキャナー』『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』等。

古川日出男は、日本の小説家、劇作家。福島県郡山市出身。

同じカテゴリーのキーフレーズ

本・文芸

記事アクセスランキング

本・文芸

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ