KAI-YOU.netに登録して
さらなる爆ポップ体験を!

今村夏子

いまむらなつこ

今村夏子とは、小説家。1980年2月20日、広島県広島市安佐南区生まれ。


『むらさきのスカートの女』で第161回芥川賞を受賞。第26回太宰治賞、第24回三島由紀夫賞、第5回河合隼雄物語賞、第39回野間文芸新人賞、咲くやこの花賞を受賞。第155、157回芥川賞候補、18年本屋大賞第7位。


2020年、『星の子』が芦田愛菜主演で映画化。代表作でデビュー作『こちらあみ子』は井浦新尾野真千子ら主演で映画化、2022年に上映予定。

今村夏子

概要

今村夏子とは、小説家。1980年2月20日、広島県広島市安佐南区生まれ。『むらさきのスカートの女』で第161回芥川賞を受賞。

29歳にして小説を書き始め、2010年に『あたらしい娘』(『こちらあみ子』に改題)を完成。これが第26回太宰治賞を受賞し、デビュー。

第24回三島由紀夫賞を受賞した。16年には、文学ムック「たべるのがおそい vol.1」に発表した「あひる」が第155回芥川賞候補に。17年、単行本『あひる』で第5回河合隼雄物語賞を受賞。最新刊『星の子』は第39回野間文芸新人賞を受賞したほか、第157回芥川賞候補、18年本屋大賞第7位に。2019年、『むらさきのスカートの女』で第161回芥川龍之介賞を受賞。2019年度咲くやこの花賞受賞。

映画化

2020年、『星の子』が芦田愛菜主演で映画化。

代表作でデビュー作『こちらあみ子』は井浦新尾野真千子ら主演で映画化、2022年に上映予定。

似たようなキーフレーズ

野崎まどは、日本の小説家。東京都墨田区生まれ。麻布大学獣医学部卒。男性。小説『[映] アムリタ』で、電撃小説大賞の一部門として新設された「メディアワークス文庫賞」の最初の受賞者。『know』で第34回日本SF大賞にノミネート。...

大森藤ノは、日本の小説家・ライトノベル作家。代表作は『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』。

嶽本野ばらは、日本の小説家、エッセイスト。代表作は『下妻物語』等。少女趣味のファッションや言説で「乙女のカリスマ」と呼ばれている。

SF作家。武蔵野美術大学美術学部映像科卒。Webデザイナーとして働く傍ら小説の執筆を行う。2007年に作家デビューしてからわずか2年ほどで早逝したが、遺作となった『ハーモニー』は2010年代の日本SFのベストに挙げられている。...

フィリップ・K・ディックはアメリカのSF作家。代表作に『高い城の男』『暗闇のスキャナー』『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』等。

古川日出男は、日本の小説家、劇作家。福島県郡山市出身。

長谷敏司は、日本の小説家。SF・ファンタジー小説を執筆。大阪府生まれ。関西大学卒業。日本SF作家クラブ所属。代表作に『円環少女』シリーズ、『あなたのための物語』『BEATLESS』等。...

同じカテゴリーのキーフレーズ

本・文芸

記事アクセスランキング

本・文芸

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ