からくりサーカス

からくりさーかす

『からくりサーカス』は、藤田和日郎による日本の漫画作品。

概要

『週刊少年サンデー』(小学館)にて1997年32号から2006年26号にかけて連載された。単行本は全43巻。仏名は『Le Cirque de Karakuri』

作者の前作『うしおととら』を上回る複雑なプロット・強烈なバイオレンス描写とアクション・前作にはあまり見かけられなかった恋愛要素も盛り込んでいる。大きな特徴は、戦闘において細かく書き込まれたからくり人形の破片が飛び散る演出である。

物語は全ての事件の発端が200年前に起こり、そこから現代に至るまでのエピソードが多くの登場人物の視点で描かれている。過去のエピソードが現代におけるストーリーが進行するにつれて徐々に明らかになっていくが、それは時系列通りではない。過去のエピソードにまつわる手掛かりは物語の各所に散りばめられている。

1998年3月より放送されたサンデーCM劇場にて30秒ほどの長さながらアニメーション化されている。また、1999年3月より放送された『祝創刊40周年 オールスター総出演編』でも本作のキャラクターが登場している。

似たようなキーフレーズ

バビロン

『バビロン』とは、野崎まどによる日本の小説。

東京喰種

2011年より『週刊ヤングジャンプ』にて連載が開始された、石田スイさん原作のダーク・ファンタジーマンガシリーズ。現代の東京を舞台に、人を喰らう怪人・喰種(グール)たちと人間たちとが共存、対立する中で巻き起こるストーリーが描かれる。...

クレヨンしんちゃん

マンガ家・臼井儀人さんによる作品。1990年に『漫画アクション』で連載を開始。1992年にテレビ朝日がアニメ化し、1993年からは毎年アニメ映画が制作されている。

この記事へのコメント(0)

更新日: 881日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ