城平京

しろだいらきょう

城平京とは、日本の漫画原作作家・小説家。代表作『絶園のテンペスト』『虚構推理』など

城平京とは

城平京とは、奈良県出身の漫画原作作家・小説家。

1997年 第8回鮎川哲也賞の最終候補に城平著『名探偵に薔薇を』が残ったことでデビュー。この時の受賞作は谺健二『未明の悪夢』。

スパイラル〜推理の絆〜』で原作を手がける。同作は1999年から2005年まで連載され、小説版の発売やアニメ化した。

他にも『絶園のテンペスト』が2012年にアニメ化され、『虚構推理』も2020年1月に放送開始することが決定している。

2012年『虚構推理 鋼人七瀬』が第12回本格ミステリ大賞 小説部門を受賞した。この回では同時に皆川博子の『開かせていただき光栄です』も受賞されている。同年本格ミステリ・ベスト10 2012年で第4位にランクイン。

2015年『虚構推理』コミック化。コミカライズ担当は片瀬茶柴

作品一覧

1998年7月 『名探偵に薔薇を』(創元推理文庫)

2001年3月 『小説 スパイラル〜推理の絆〜 ソードマスターの犯罪』(エニックス※現スクウェア・エニックス)

2002年3月 『小説 スパイラル〜推理の絆〜2 鋼鉄番長の密室』(エニックス)

2003年3月 『小説 スパイラル〜推理の絆〜3 エリアス・ザウエルの人喰いピアノ』(エニックス)

2004年3月 『小説 スパイラル〜推理の絆〜4 幸福の終わり、終わりの幸福』(エニックス)

2001年5月 『虚構推理 鋼人七瀬』(講談社ノベルス)→2015年12月『虚構推理』と改題し講談社文庫より発売。2019年1月には講談社タイガにて発売

2016年1月『雨の日も神様と相撲を』(講談社タイガ)

2018年12月 『虚構推理短編集 岩永琴子の出現』(講談社タイガ)

2019年6月 『虚構推理 スリーピング・マーダー』(講談社タイガ)

似たようなキーフレーズ

大森藤ノは、日本の小説家・ライトノベル作家。代表作は『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』。

嶽本野ばらは、日本の小説家、エッセイスト。代表作は『下妻物語』等。少女趣味のファッションや言説で「乙女のカリスマ」と呼ばれている。

SF作家。武蔵野美術大学美術学部映像科卒。Webデザイナーとして働く傍ら小説の執筆を行う。2007年に作家デビューしてからわずか2年ほどで早逝したが、遺作となった『ハーモニー』は2010年代の日本SFのベストに挙げられている。...

フィリップ・K・ディックはアメリカのSF作家。代表作に『高い城の男』『暗闇のスキャナー』『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』等。

古川日出男は、日本の小説家、劇作家。福島県郡山市出身。

長谷敏司は、日本の小説家。SF・ファンタジー小説を執筆。大阪府生まれ。関西大学卒業。日本SF作家クラブ所属。代表作に『円環少女』シリーズ、『あなたのための物語』『BEATLESS』等。...

森見登美彦は、日本の小説家。1979年1月6日生まれ。奈良県生駒市出身。代表作に『夜は短し歩けよ乙女』『四畳半神話大系』等。2010年に『ペンギン・ハイウェイ』で日本SF大賞受賞。...

同じカテゴリーのキーフレーズ

本・文芸

更新日: 366日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ