スタジオカラー初のTV作品! 舞城王太郎原作『龍の歯医者』長編アニメ化

  • 0
スタジオカラー初のTV作品! 舞城王太郎原作『龍の歯医者』長編アニメ化
スタジオカラー初のTV作品! 舞城王太郎原作『龍の歯医者』長編アニメ化

『龍の歯医者』

ドワンゴ、NHK、NHKエンタープライズ、カラーの4社共同制作によるTVアニメ『龍の歯医者』が、2017年2月よりNHK BSプレミアムにて放送される。

小説家の舞城王太郎さんが原作、『フリクリ』「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズなどで知られる鶴巻和哉さんが監督をつとめる。

なお、本作はカラーが制作する初のTVアニメ作品となる。

「日本アニメ(ーター)見本市」発のTVアニメ作品が始動

本作は、ドワンゴとカラーによる共同企画「日本アニメ(ーター)見本市」の第1話『龍の歯医者』をもとにした冒険ファンタジー作品。

今回の長編制作にあたり、舞城王太郎さんと脚本家・榎戸洋司さんが共同で脚本を執筆する。

キャラクターデザインには「日本アニメ(ーター)見本市」の『ME!ME!ME!』などでキャラクターデザインや作画監督をつとめた井関修一さん。そして『シン・ゴジラ』で話題の庵野秀明さんが音響監督に起用されている。 また、本作の制作を記念し、「日本アニメ(ーター)見本市」のサイトでは、2017年3月31日(金)まで第1話『龍の歯医者』の再配信が行われている。

(C)舞城王太郎, nihon animator mihonichi LLP./ NHK, NEP, Dwango, khara

作品情報

龍の歯医者

放送予定
2017年2月
放送時間
45分×2本
スタッフ
監督:鶴巻和哉
原作・脚本:舞城王太郎
脚本:榎戸洋司
キャラクターデザイン:井関修一
制作統括・音響監督:庵野秀明
アニメーション制作:カラー
制作・著作:ドワンゴ、カラー、NHK、NHKエンタープライズ

<あらすじ>
彼の国には龍が棲んでいる──
神話によれば、古の人々との契約により、龍は人を助け、人は龍を助けるという...
舞台は “龍の国”。主人公は、国の守護神 “龍”を虫歯菌から守る新米・歯医者の野ノ子。
隣国との戦争が激化する中、ある日彼女は、龍の歯の上で気絶した敵国の少年兵を見つける。
少年の名はベル。大きな災いの前に龍が起こすと言われる不思議な現象で、巨大な歯の中から生き返ったものだった。
自らが置かれた状況に戸惑うベル。そして彼を励まし、彼を龍の歯医者として受け入れる野ノ子。
激しい戦いに巻き込まれながら、二人はやがて自らの運命を受け入れて行くことに...
かつてない壮大なスケールで描かれる冒険ファンタジー!

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る

アニメ・漫画の週間ランキング

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ