『ドロヘドロ』は、林田球による日本の漫画作品。『スピリッツ増刊イッキ』『月刊IKKI』『ヒバナ』『ゲッサン』と連載雑誌休刊の影響を受けながらも、2000年から2018年にかけて連載された。魔法使いたちと、主人公のトカゲ男・カイマンたちの戦いと世界の謎を描く。

目次

概要

何者かの魔法によって頭を爬虫類に変えられた記憶喪失の男が、自分の本当の顔と記憶を取り戻す姿を描く。

「歌詞がメチャクチャダークで凶暴なのにメロディーは踊りたくなるくらい楽しい曲」からインスピレーションを得たという、独自の世界観と魅力的なキャラクターたちが織りなすダーク・ファンタジー作品として評価されている。

2000年、『スピリッツ増刊イッキ』とその後身『月刊IKKI』(小学館)にて連載開始。

2015年、『月刊IKKI』休刊に伴い、『ヒバナ』にて再開。

2017年、『ヒバナ』休刊に伴い、『ゲッサン』にて再開。

2018年、18年に及ぶ長期連載に幕を打った。完結後、TVアニメ化企画が進行していることが、最終巻となる23巻を記念したプロモーション映像の中で明らかになった。

同じカテゴリーのキーフレーズ

アニメ・漫画

更新日: 890日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ