ADHDと診断された芥川賞作家による報告書 柴崎友香『あらゆることは今起こる』

ADHDと診断された芥川賞作家による報告書 柴崎友香『あらゆることは今起こる』
ADHDと診断された芥川賞作家による報告書 柴崎友香『あらゆることは今起こる』

柴崎友香『あらゆることは今起こる』書影の/画像はAmazonより

小説家・柴崎友香さんの書籍『あらゆることは今起こる』が、医学書院の「シリーズ ケアをひらく」から5月13日(月)に刊行される。

本書は、柴崎友香さん自身が診断されたADHD(注意欠如・多動症)の感覚に基づき執筆。

「私の体の中には複数の時間が流れている」──SFではない並行世界的な、時間感覚はどこから来るのか。その体験と日常生活が綴られる。

医療関係者以外にも親しまれる医学書院の人気シリーズ「ケアをひらく」

「シリーズ ケアをひらく」は医学書院の人気シリーズ。

2000年にスタートし、ノンフィクション作家の川口有美子さん『逝かない身体』や、哲学者の國分功一郎さん『中動態の世界』、作家の伊藤亜紗さん 『どもる体』など、昨今注目を集める「ケア」にまつわる書籍を刊行。

2019年にはシリーズ全体が、優れた著作物や出版活動を顕彰する第73回毎日出版文化賞を受賞するなど、医療関係者以外にも注目されている。

芥川賞作家・柴崎友香がADHDの感覚に基づき執筆

『あらゆることは今起こる』は、「シリーズ ケアをひらく」の第44冊目となる書籍。

著者である小説家・柴崎友香さんは、2010年に野間文芸新人賞を受賞した『寝ても覚めても』や、第151回芥川賞に輝いた『春の庭』で知られている。

『あらゆることは今起こる』は、自身が2021年に診断されたADHDの感覚に基づき執筆。

公開されている本文では、薬が処方され医師に対し「小学六年生の修学旅行で夜更かしして翌日眠たくて、それ以来一回も目が覚めた感じがしなかったんですが、今、三十六年ぶりに目が覚めてます」というやりとりがある。

「私の体の中には複数の時間が流れている」という柴崎友香さんの時間感覚はどこから来るのか。そしてそれは、小説にどう反映されているのかが綴られる。


自分の内側でいったい何が起こっているのか。近年にわかに話題にあがる頻度の増えた「ADHD」を巡る、小説家による

かつてない報告書となる。



知的好奇心をくすぐる書籍の発売情報

八重洲ブックセンターが八重洲に帰ってくる! 後継書店が東京駅直結エリアにオープン

八重洲ブックセンターが八重洲に帰ってくる! 後継書店が東京駅直結エリアにオープン

八重洲ブックセンターのグランスタ八重洲店が、JR東日本・東京駅構内にある商業エリアに、6月14日(金)10時にオープンする。公式サイトでは、2023年3月末に営業を終了した八重洲ブックセンター本店の「レガシーを継ぐ新店舗」と紹介されている。八重洲ブックセンターの...

kai-you.net
芥川賞に九段理江『東京都同情塔』 2度目のノミネートで初受賞.jpg

芥川賞に九段理江『東京都同情塔』 2度目のノミネートで初受賞

公益財団法人日本文学振興会による第170回直木三十五賞・芥川龍之介賞(以下、直木賞・芥川賞)の選考が、1月17日に行われた。 芥川賞には九段理江さんの『東京都同情塔』が選ばれている。 第170回芥川賞は九段理江 『東京都同情塔』 九段理江さんは2021年、『悪い音楽』で第126回文學界新人賞を受賞しデビュー。…

kai-you.net

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る

本・文芸の週間ランキング

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ