9328

にじさんじ 葛葉、叶、ROF-MAOライブ「Aim Higher」レポ 3組が見せつけた高み

「葛葉色」に染まったぴあアリーナMM

続いてステージに登場したのは、2021年9月に男性VTuber初のチャンネル登録者数100万人突破、同年11月のソロイベントで、翌年のメジャーデビューを華々しく発表した葛葉さん。

登場前から会場のペンライトは赤一色。真っ暗な中に無数の赤が灯った会場は、さながら漆黒の夜に開かれたヴァンパイアの集会のようだった。

「お前ら、待たせたな!」と、不敵な笑みを浮かべつつ現れた葛葉さんの1曲目は、激しいドラムとギターサウンドが印象的な「Wonder Wanderers」。パフォーマンスする姿からは、ここがモッシュやヘドバンし放題のライブハウスなのではないかと錯覚させるほどの凄みを放つ。

艶のある声で歌い上げられるサビが宴のはじまりを高らかに告げる。「お前ら、拳上げろ!」と煽る葛葉さんは、最初から往年のロックスターのようなオーラを漂わせていた。

葛葉という名のエンターテインメント

「Bad Bitter」
続いて披露したのは、歌詞やジャズ風のサウンドが耽美な曲「Bad Bitter」。「耽美」の一言で片付けるには、葛葉さんの歌や身振りのテンションがあまりに高い。耽美な世界観を持った曲でさえも、「葛葉」というエンターテインメントに消化し、「美しい」より先に「楽しい」という感情が湧くようなステージだ。

楽曲でそのカリスマ性を存分に発揮した一方、MCでは観客を笑わせるようなトークが炸裂。かっこいい、でもしっかり笑わせるというギャップが魅力の一つなのだろうと改めて感じた。 MCが終わると会場が暗転。再び現れた葛葉さんは椅子に腰を下ろしている。さながら玉座に座るその姿はまさにKING。「OH MY GOD」のささやきとともに客席のボルテージが上がる。

披露されたのは、ピノキオピーさん「神っぽいな」のカバー。あえて行儀悪く椅子に座りながら、図太いキックのリズムに乗り、身振り手振りで観客を煽る葛葉さんは、帝王のような貫禄で観客の視線を釘付けにする。

1
2
3
4
5
6
7

こんな記事も読まれています

9324
Share
3
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ