9328

にじさんじ 葛葉、叶、ROF-MAOライブ「Aim Higher」レポ 3組が見せつけた高み

ROF-MAOとして「別の意味で勇気がいる」曲を披露

「I wanna! You wanna!」
続いては、「我々的に勇気がいる選曲」として紹介されたROF-MAO屈指の踊れるロックナンバー「I wanna! You wanna!」。これまでの曲以上に本格的なダンスが採用されており、イントロから振り付けをコピーする観客も。サビではMVで印象的だった腕を振り上げる動きを取り入れており、ペンライトの光もメンバーの動きに呼応するかのように上下に揺れていた。

さらに、間奏では全員揃ってまさかのバク転を披露。歌いながらダンスやアクロバットを披露して観客を楽しませていた。 続く楽曲は2曲目のカバー。ROF-MAOによる歌ってみたも話題を呼んだザ・リーサルウェポンズの「きみはマザーファッカー」だ。VJで「KISS MY A○○」を大きく表示し、MVでも登場した「F」「○」「C」「K」のポーズを観客にコピーさせるなど、ギリギリのラインを攻める。

加賀美インダストリアル代表取締役」という肩書を持ち、「社長」と呼ばれ親しまれている加賀美ハヤトさんは、「パワハラ上司」というフレーズを生き生きと歌唱。それに対し、甲斐田晴さんに「部下を叱るときにそうやっているんじゃないか」とつっこまれ、必死に否定する一幕もあった。
ROF-MAOによる「きみはマザーファッカー」の歌ってみた

終盤パートは高速のロックとバラード

MCパートでは、加賀美ハヤトさんがROF-MAOとして勇気がいる選曲は「I wanna! You wanna!」であったことを告白し、剣持刀也さん、不破湊さん、甲斐田晴さんもバク転が成功するか心配だったことを次々に口にした。続けて、加賀美ハヤトさんからは、ROF-MAOのパートがあと数曲であることが告げられる。しかし、彼らはここから尋常ではないパフォーマンスを見せる。

終盤1曲目は「ラックハック」。激しい高速のピアノに合わせて、加賀美ハヤトさんが「我々の時間はわずか! それでは聞いてくださいー!」と叫び、ラストスパートに向けてテンションを上げていく。彼のビブラートを効かせつつ憂いを帯びた歌唱を経て、一気に駆け上がるような開放感を感じさせるサビに突入。4人の歌声がユニゾンする瞬間、ROF-MAOの結束力を全身で浴びたような感覚を覚えた。
「ラックハック」
間髪入れずにアコースティックギターの音が鳴り響き、バラード「知っている手紙」へ。震え声で「つらいよなって声が辛くて こわいよなっていう言葉が怖くて」と独白のように歌う不破湊さんと、「自分にまた迷っては まだ君は道を探している途中」と高らかに歌い上げる加賀美ハヤトさんの対比が印象的だった。

「今の僕が言えるのは 熱くなれ、熱くなれ」というサビの歌詞は、バラエティに歌に、ファンを全力で楽しませるROF-MAOが歌ってこそ説得力のある言葉だ。

ROF-MAOが叩きつけた「前進宣言」

メンバーそれぞれがステージを振り返り、ラストのような雰囲気を漂わせつつも、まだキラーチューンを残しているROF-MAO。加賀美ハヤトさんが「みなさんまだ、これ聴かないと帰れないって曲ありますよね!?」と煽り、ラストの「前進宣言」へと突入。

4人のボーカルはこの日一番のテンションで、特に甲斐田晴さんが身体をのけ反らせ、腹の底から「どんなもんじゃい!」と叫んだ瞬間は、個人的ROF-MAOパートのハイライトだった。まだ結成して1年にも満たない4人だが、曲を通じて、文字通り今後ROF-MAOとして突き進むという「前進宣言」を叩きつけたのだ。
「前進宣言」
開演直前インタビューでも「踊り狂ってほしい」「ROF-MAOらしさを見せたい」と意気込んでいたが、普段のバラエティで見せるコミカルな面と、音楽だからできるかっこいい面が融合した、非常に「楽しい」ステージだった。

特に、ROF-MAOとして初めて立つにじさんじのライブだったからか、各メンバーの熱量が非常に高かったように思う。
1
2
3
4
5
6
7

こんな記事も読まれています

9324
Share
3
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ