402

平野耕太『HELLSING』実写化進行中 「ジョン・ウィック」脚本家とAmazonスタジオと提携

平野耕太『HELLSING』実写化進行中 「ジョン・ウィック」脚本家とAmazonスタジオと提携

漫画『HELLSING』/画像はAmazonから

POPなポイントを3行で

  • 『HELLSING』をアマゾンスタジオが実写化
  • 脚本は「ジョン・ウィック」シリーズを手がけるDerek Kolstad
  • 厨二心を掴んで離さない
3月4日、平野耕太さんによる漫画『HELLSING』が、「ジョン・ウィック」シリーズの脚本家として知られるDerek KolstadさんとAmazonスタジオによる実写化企画が進行中であることを、米メディア「DEADLINE」が報じた。(外部リンク

日本を代表するアクション・ホラー漫画の実写化

Derek Kolstadさんは、「ジョン・ウィック」シリーズで知られ、ドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』の制作にも携わっている。
ファルコン&ウィンター・ソルジャー
「DEADLINE」によると、Derekさんは兄から数年前に『HELLSING』を紹介されて以来夢中になっているそう。

制作に携わるMike Callaghanさんと彼のチームが、映画プロデューサーのBrian Kavanaugh-JonesさんやAmazonと提携する権利を確保したことは夢のようだと語っている。

吸血鬼が吸血鬼を狩るダークファンタジー

『HELLSING』は、漫画家・平野耕太さんによって青年向け漫画雑誌・ヤングキングアワーズに連載されていた作品。

最強の吸血鬼・アーカードとその主人インテグラ、アーカードによって吸血鬼にされた婦警・セラスを主軸に、イギリスを反キリストの怪物をから守る「HELLSING機関」の戦いが描かれる。

アーカードやライバルのアンデルセン神父、少佐やペンウッド卿をはじめとする濃いキャラクターたちの生きざまや、武器・能力が中高生に刺さりまくり、高い人気を誇った。
HELLSING OVA 20th ANNIVERSARY BD-BOX (2018)
これまでにアニメやOVAが制作された『HELLSING』。

ベタを多用した真っ黒い画面や独特のポージングや擬音、合間に挟まれるしょうもないギャグなど、ヒラコー節とも呼ばれる外連味ある特徴も人気を下支えする要因だが、実写版ではどう扱われるのだろうか。

よろしい、ならば戦争だ

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

70
300
32
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ