62

BAD HOPの無観客ライブ、1日で支援金3000万円以上 IT起業家たちも動く

BAD HOP(写真はBAD HOPの公式Twitterより)

POPなポイントを3行で

  • BAD HOPのクラウドファンディングが話題
  • 開始から1日で3000万円以上の支援
  • 実現の裏には、多くの人の協力があった
川崎発の8人組ヒップホップクルー・BAD HOPが敢行した横浜アリーナの無観客ライブの支援として、クラウドファンディングサイト・CAMPFIREで3000万円以上の寄付金が集まっている。

まだクラウドファンディングまでの終了までに29日も残されており、クラウドファンディングだけで1億円を回収する可能性も現実的なものとなっている。

BAD HOPファンから多数の収益化のアイディアも

BAD HOPは、2月29日(日)の開催が予定されていた横浜アリーナでの単独ライブ「BAD HOP WORLD 2020」を、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、無観客ライブとして実施。
BAD HOP WORLD 2020 IN 横浜アリーナ 生配信ライブ
ライブの模様はYouTubeで生配信され、30,000人以上もの同時接続者数を記録した。

当初は中止を検討していたものの、1億円の借金を背負ってライブを実施するという決断に至ったBAD HOP。

メンバーのT-Pablowさんはライブ中のMCで「俺らがこのライブをこうして開催したのは、コロナウイルスのせいでネガティブな気持ちが蔓延しちゃうのが嫌だったんだよ」と決断の理由を語った。 また、BAD HOPのマネージャー・村越さんは無観客ライブ決行にあたって、「1億円というお金jは僕達にとっても大きなお金で今後の目処も立っていなくどうしていいか検討もついてない状況です」と心境を吐露。 このツイートに対し、多くの10代〜20代と見られるファンがイベント制作費の1億円を回収するアイディアを必死に考えて提案。その光景に心打たれた方も多かったのではないだろうか。

IT起業家たちもBAD HOPのストーリーに感化され、動く

この一連の流れを受け、T-PablowとYZERRさんの友人であり、株式会社FiNC代表である溝口勇児さんが発起人となり、COMPFIRE代表の家入一真さんを巻き込んでクラウドファンディングが開始された。 支援金額は2000円から最大100万円まで。リターンでは金額によって3年ぶりのアルバムとなる『BAD HOP WORLD』を一般流通より先に手に入ることができるほか、今回のライブ「BAD HOP WORLD 2020 LIVE」のDVD、プレミアムフォトブック、ライブのバックステージ招待権、今後5年間で行う全てのライブへ招待されるゴールドカードなど様々だ。

溝口さんらの呼びかけと行動によって、多くの著名IT起業家たちも支援に賛同。ヒップホップという枠組みを越えたムーヴメントになりつつある。

無観客ライブの決定からクラウドファンディングの開始まで、わずか2日程度。多くのファンや理解者の協力によって実現した企画だ。

メジャーレーベルや芸能事務所に所属せず、完全自主制作で数多くのファンを獲得し、ユースからのカリスマとなったBAD HOP。これだけの支持を集めるのも、そういった"成り上がり"の物語の結実かもしれない。

BAD HOPの軌跡を知る

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

19
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ