「POP YOURS 2024」フォトレポート LEX、Tohjiらが見せたヒップホップの可能性

「POP YOURS 2024」フォトレポート LEX、Tohjiらが見せたヒップホップの可能性
「POP YOURS 2024」フォトレポート LEX、Tohjiらが見せたヒップホップの可能性

「POP YOURS 2024」DAY1のヘッドライナーをつとめたLEXさん/photo by cherry chill will.

  • 55 images

国内最大規模のヒップホップフェス「POP YOURS 2024」が、5月18日〜19日に千葉・幕張メッセ国際展示場9-11ホールで行われた。

前回BAD HOPが解散発表をしたことで、“何かが起こる”見逃せないフェスというイメージがついたのか、チケットは一般発売で即完売。

3回目となる2024年は、LEXさんとTohjiさんがヘッドライナーをつとめ、LANAさん、Watsonさんといった実力ある若手アーティストと、シークレットで出演したYENTOWN千葉雄喜さんのショットライブ、スペシャルアクトのOZROSAURUSなど、日本のヒップホップをリードするバラエティ豊かな43組がラインナップされた。

DAY2のヘッドライナーをつとめたTohjiさん/photo by Daiki Miura

会場には2日間合計で3万5000人が来場。また公演の模様は今年もYouTubeで生配信され、総視聴者数は56万人。視聴回数は160万回を記録した。

【ライブフォト82枚】「POP YOURS 2024」で渾身のライブを披露したアーティストたち

ピーナッツくん、鎮座DOPENESS、Red Eyeらが初日から登場

DAY1はオープニングDJのMARZYさんが空気を作り、午前中からKviBabaさん、Lunv Loyal、Yvng Patraさんと実力者が目白押しで、開演直後から大きな歓声と合唱で会場が包まれた。

毎回スターを輩出している「NEW COMER SHOT LIVE」には、広島のJAKENさん、名古屋のクルー・L.O.S.T、Abemaの人気オーディション番組「ラップスタア 2024」への出演で話題のKohjiyaさんらが登場した。

昼帯には、VTuberとしても人気が高いピーナッツくん、強烈なリズム感とスキルで存在感を放ち続ける鎮座DOPENESSさんが観客を惹きつけた。

ピーナッツくん/photo by Yukitaka Amemiya

鎮座DOPENESSさん/photo by Yokoyama Masato

MFSさんはダンサーたちとスタイリッシュなステージをつくり、Bonberoさんは高速ラップで観客を魅了した。Benjazzyさんが客演した「B2B」ではすさまじい歓声が沸き起こった。

Red Eyeさんは「悪党の詩 Remix」でD.Oさんを招き、ライブの最後には2025年に自身初の武道館公演の開催を発表した。

MFSさん/photo by renzo masuda

Red Eyeさん/photo by renzo masuda

JUMADIBAさんは満員の幕張メッセでも、いつも通りの飄々とクールなフロウを聴かせた。観客ともしっかりとコミュニケーションを取って、内に秘めたエモーションをラップで伝えることを楽しんでいるようにも見えた。

OZworld、YENTOWN、JP THE WAVY、LANAらも

続くOZworldさんは大舞台映えする壮大な世界観を見せた。“ゴジラのテーマ”を公式サンプリングした「RISE TOGETHER」ではAIさんも呼び込んだ。

その後、kZmさん、PETZさん、JNKMNさん、Awichさん、Money Horseさん、U-LeeさんがYENTOWNとしてシークレットで出演。新曲「不幸中の幸い」やそれぞれの代表曲をメドレーで歌った。

OZworldさん/photo by Daiki Miurai

YENTOWN/photo by Daiki Miura

STUTSさんはスチャダラパーをフィーチャーした新曲「Pointless 5 (feat. PUNPEE)」などを披露した。

JP THE WAVYさんはラップとダンスを完全に融合させた、非常に完成度の高いパフォーマンスで、彼が音楽と真摯に向き合っていることが伝わってくる。マイクを握りながら、自身もキレのあるダンスを見せた。

LANAさんは圧巻だった。20歳とは思えない規格外のスケール。借り物ではない完全なオリジナル。日本産のソウルとブルースを体現した。

JP THE WAVYさん/photo by Yukitaka Amemiya

LANAさん/photo by Yokoyama Masato

繊細さと大胆さを併せ持つ天才・LEXのステージ

JJJさんは魂がこもったスピットで観客の心を鷲掴みにした。韓国の人気ラッパー・BLASÉさん、Bonberoさんと制作した「YW」をはじめ、MFSさんとの「Mirror」などを歌った。「Beautiful Mind」ではJJJさんのラップにフィールした観客たちが自然とスマホライトを点灯させるシーンも見られた。

KEIJUさんはtofubeatsさんとの「Lonely Nights」からはじまり、BAD HOPのG-K.i.dさん、guca owlさんとの「Day N Night」などキラーチューンを連発して場内のテンションを上げに上げつくした。

OZROSAURUSは日本語ラップクラシックの「Area Area」、そして「Players' Player」といった楽曲で貫禄を見せつけた。長年シーンでリスペクトされ続けるには理由がある。重厚感ある言葉とラップはまさにスペシャルだった。演出は山田健人さんが行った。

OZROSAURUS/photo by cherry chill will.

JJJさん/photo by renzo masuda

DAY1ヘッドライナーのLEXさんは1曲目の「Gold」で宙吊りになり、LEDモニターに映し出された巨大な蝶の羽とシンクロ。観客の度肝を抜いた。

盟友・JP THE WAVYさんとの「なんでも言っちゃって」、5lackさんとの「5xL」、KEIJUさんとの「Psychedelic」「Mama's Boy」、そして妹のLANAさんと「明るい部屋」を届けた。

繊細さと大胆さを併せ持つ天才。音楽活動を通じてようやく22歳らしい溌剌さを手にいれることができたと感じさせる感動的なステージだった。

LEXさん/photo by Daiki Miura

LEXさん/photo by Yukitaka Amemiya

1
2

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る

ストリートの週間ランキング

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ