馬越嘉彦

うまこし よしひこ

日本の男性アニメーター、キャラクターデザイナー、作画監督。愛媛県越智郡伯方町(現・今治市伯方町)出身。代表作に『おジャ魔女どれみ』『ハートキャッチプリキュア!』『蟲師』等。

目次

概要

東京アニメーター学院からムッシュオニオンにアニメーターとして入社。

スタジオコクピットに移籍後、『スーパービックリマン』で初めての作画を担当。1994年OVA『グラップラー刃牙』で初めてキャラクターデザインを担当。

その後、『ママレード・ボーイ』『ご近所物語』『花より男子』でキャラクターデザインを担当。『おジャ魔女どれみ』シリーズのキャラクターコンセプトデザインを手掛けた。

『ハートキャッチプリキュア!』のキャラクターデザインで、東京国際アニメフェア2011・第10回東京アニメアワード個人部門キャラクターデザイン賞を受賞。

2011年7月20日に単著『馬越嘉彦 東映アニメーションワークス』を一迅社より刊行。

人物

派手なアクションから日常芝居まで幅広い分野で活躍。それらを高いレベルで仕事を仕上げる人気アニメーターで、とにかく手が早いことでも知られる。

本人曰く、劇場作品よりTVシリーズに積極的に参加していくタイプだという。そこが作画オタクから高く支持されてる理由の一つでもある。

もともと「機動戦士ガンダム」や「機甲戦記ドラグナー」などのロボットものが好きで、サンライズに就職しようとしていた。しかし、東京アニメーター学院時代に「北斗の拳2」の第151話を見て衝撃を受け、羽山淳一が所属していたムッシュオニオンの門を叩く。

最近では長濱博史と仕事をする事が多く、一部では名コンビと呼ばれている。

2人が最初に組んだ「十兵衛ちゃん2~シベリア柳生の逆襲」では全13話の総作監を勤めた。数年後、またも2人が組んだ蟲師では全26話を総作監。作品のクオリティはTVシリーズとして異例の高さを誇るも現場は「十兵衛ちゃん2」を凌駕する修羅場っぷり。仕事を終えた馬越は「第一期馬越嘉彦は終了した」と真っ白に燃え尽きたコメントを残した。

馬越嘉彦は長濱と組むと壮絶な修羅場を見る為(言葉には出してないが恐らくこれが理由)、当分はインターバルを置きたいと語るも長濱は氏を手放さないと語っている。

しかし、その後8年を経て2014年には『蟲師 続章』にてキャラクターデザイン・総作監を任されている。ちなみストリートファイターZEROのDVD映像特典では馬越のインタビューと仕事内容が見れ、本編の作画と合わせて2度おいしい。

似たようなキーフレーズ

西尾鉄也は、日本のアニメーター。愛知県出身。血液型A型。1968年6月23日生まれ。東京デザイナー学院名古屋校(現・名古屋デザイナー学院)卒業。

漫画家、アニメーター、キャラクターデザイナー、アニメ監督、イラストレーター、小説家。キャラクターデザイン及び作画監督を担当した『機動戦士ガンダム』はあまりに有名。...

同じカテゴリーのキーフレーズ

アニメ・漫画

更新日: 2081日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ