「メタバースは死んだ」Epic Games代表が発言 誇大広告の真価問われる今

「メタバースは死んだ」Epic Games代表が発言 誇大広告の真価問われる今
「メタバースは死んだ」Epic Games代表が発言 誇大広告の真価問われる今

Epic Gamesが開発しメタバースの側面も持つシューターゲーム『Fortnite』

Fortnite』で知られるEpic GamesのCEO・Tim Sweeney(ティム・スウィーニー)さんが「メタバースは死んだ」と発言したことが話題になっています。

仮想空間上の新たな経済圏としてNFTWeb3.0などとまとめて、これまで多くの注目を集めてきたメタバース

いったい何があったのでしょうか。

Epic GamesのCEOも言及「メタバースは死んだのか」

発端となったのは、Tim SweeneyさんのTwitter上での投稿。

「メタバースは死んだ! Fortnite、Minecraft、Roblox、PUBG Mobile、Sandbox、VRChatの月間アクティブユーザー6億人が、リアルタイムに3Dで一緒にその死を悼むことができるよう、オンライン葬儀を企画しましょう」 Tim SweeneyさんのTwitterより

日本時間5月10日に投稿されたこのツイートには「RIP Metaverse」というタイトルのBusiness Insiderの記事へのリンクが添えられています(外部リンク)。

つまり、Tim Sweeneyさんは死んだと言われているメタバースには、アクティブユーザー6億人が存在していることをアピールしているわけです。

なお、彼がCEOを務めるEpic Gamesといえば、メタバースの側面も持つシューターゲーム『Fortnite』を開発・運営しています。

「メタバースの死は歴史的な失敗」

Business Insiderの記事は「メタバースはビジネスの世界に見捨てられ、消滅しました」という挑発的な一文から始まります。

Facebookから社名変更したMeta社の事例を誇大広告と紹介しつつ、「実際にメタバースを使用する人は誰もいませんでした」とその喧伝内容と現実の落差に言及。 その上で、Meta社の仮想空間サービス・Horizon Worldsの月間アクティブ ユーザー数が20万人未満であることや、その他のサービスの閉鎖や投資の失敗を紹介。

メタバースの死は、間違いなくテクノロジー史の中でも最も歴史的な失敗の1つとして記憶されるべきである」とまで言っています。

メタバースの真価が問われるのはまだこれから

こうした批判的な記事に対してTim Sweeneyさんは「月間アクティブユーザー6億人」がいることを強調し、皮肉なジョークで応えているということになります。

Business Insiderの記事で紹介されている事例は確かに存在しており、メタバース関連の投資が大きな失敗をしていることは否定できません。 しかし紹介されている事例は、記事の論調にとって都合のいいものが選ばれているのも事実。

メタバースは投資対象として死んだのか、文化として生きているのか。真価が問われるのはまだ先の話になりそうです。

メタバースの真価に迫る

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る

情報化社会の週間ランキング

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ