258

『ぼっち・ざ・ろっく!』コミックス品薄続く 芳文社「近年の作品ではトップクラス」

『ぼっち・ざ・ろっく!』コミックス品薄続く 芳文社「近年の作品ではトップクラス」

『ぼっち・ざ・ろっく!』原作単行本第1巻/画像はAmazonより

漫画家・はまじあきさん原作のTVアニメ『ぼっち・ざ・ろっく!』。2022年12月に放送を終了するも、アニメとしての表現面と音楽面の双方が反響を呼び、いまだその人気は衰えていない。

公式Twitterのフォロワー数は年明け1月16日に50万人を突破。1月25日(水)からはヤマハの楽器店3店舗で劇中に登場した製品・機器、キャラクターの等身大パネルを展示する企画がスタートする。

TVアニメ化に伴う反響は、原作である単行本の売り上げにも影響。書店では入荷しても即売り切れ、Amazonなどの個人売買では定価を上回る価格で取引されている。

原作漫画の売れ行きについて芳文社に取材した。

アニメ放送前には原作の重版・販促を準備して臨む

放送終了後も衰えない『ぼっち・ざ・ろっく!』への反響について芳文社は「出版社として、素直に喜んでおります」とコメント。

芳文社といえば、同じく女子高生バンドを描いた『けいおん!』をはじめ、『ご注文はうさぎですか?』『NEW GAME!』『ゆるキャン△』など、人気作のアニメ化が続いている。

これらは、いわゆる「まんがタイムきらら」の名を冠したコミック誌における連載作品であり、その人気は、アニメ化を機にさらに拡大し、原作コミックスの売れ行きにも影響を及ぼす。

芳文社によれば、通常アニメ放送前には、「過去のアニメ作品の経験則に基づいて(原作漫画の単行本の)重版・販促の準備をしている」という。

TVアニメ『ぼっち・ざ・ろっく!』本ビジュアル

芳文社「近年の作品の中では、トップクラスの伸び」

『ぼっち・ざ・ろっく!』ついては、原作漫画の単行本にの売れ行きに変化が現れたのは、「TVアニメ第3話の放送の頃から」だった(ちなみに第3話「馳せサンズ」は、結束バンドのメンバーが勢揃いする回でもある)。

そしてその勢いは、アニメ放送前と比較した場合、芳文社が「近年の作品の中では、トップクラスの伸び」と語るほど。なお、原作単行本の累計発行部数は開示されていない。

近年の芳文社アニメ化作品において群を抜く人気を見せていることもあり、『ぼっち・ざ・ろっく!』の単行本は前述の通り品薄の状態。

芳文社によれば「書店様からの受注に順次対応・出荷しています」と現状を説明しており、紙の本を手に入れたい場合は、入荷状況をまめにチェックしたほうがよさそうだ。

実際の楽器も人気に、YouTubeにも演奏動画が多数

ちなみに『ぼっち・ざ・ろっく!』の反響は、単行本の売り上げ面だけにとどまらない。

アニメの放送以降、劇中に登場する楽器の人気が上昇。主人公が使用しているヤマハのエレキギター・PACIFICA(パシフィカ)を筆頭に、各種機材が楽器通販サイトなどで売れ筋上位に。

加えて、YouTubeにはアマチュアからプロまで多くのユーザーによって、主題歌や劇中曲を演奏した動画が投稿されている。

中には『ぼっち・ざ・ろっく!』をきっかけにギターをはじめたという人の投稿も少ない。経済的にも、ネット上の盛り上がりとしても、『ぼっち・ざ・ろっく!』の人気は大きな現象になりつつある。

表現・音楽面も話題のTVアニメ『ぼっち・ざ・ろっく!』

TVアニメ『ぼっち・ざ・ろっく!』は、極度の人見知りで陰キャな“ぼっちちゃん”こと後藤ひとりが、女子高生バンドに加入し、他のバンドメンバーと共に成長していく物語。原作は『まんがタイムきららMAX』で連載中。

アニメ化にあたっては、キャラクターの成長を緻密に表現した演奏シーンや唐突に挟まれる実験的なアニメーションなど、意欲的かつ挑戦的な演出・表現が反響を呼んだ。

劇中バンド・結束バンドによるアルバム『結束バンド』

加えて、劇中で結成されるバンド・結束バンドをはじめとした音楽面も好評。結束バンド名義のアルバムはBillboard JAPAN週間総合アルバムチャートで1位を記録(外部リンク)したほか、海外の音楽レビューサイトでも高評価を獲得している。

楽曲制作陣には音羽-otoha-さん、草野華余子さん、中嶋イッキュウさん、ZAQさん、三井律郎さんら複数の音楽家が参加。 物語のベースとなっている邦楽ロック(J-ROCK)の様々な文脈を取り入れた楽曲や、登場人物の設定に忠実な歌詞など、細部までつくり込まれている。

2022年12月24日深夜の最終回放送後には、本編では未使用の新曲を用いた「本PV」を公開(この名の付くものは放送前に公開されるのが一般的)。

物語の中で描かれた出会いと成長がダイジェスト的に収録されており、初めて『ぼっち・ざ・ろっく!』を観る人にとっても最適な映像だったことも、人気の継続に一役買っているのかもしれない。
TVアニメ『ぼっち・ざ・ろっく!』本PV
©はまじあき/芳文社・アニプレックス

『ぼっち・ざ・ろっく!』をもっと知る

こんな記事も読まれています

作品情報

TVアニメ『ぼっち・ざ・ろっく!』

原作
はまじあき(芳文社「まんがタイムきららMAX」連載中)
監督
斎藤圭一郎
シリーズ構成・脚本
吉田恵里香
キャラクターデザイン・総作画監督
けろりら
副監督
山本ゆうすけ
ライブディレクター
川上雄介
ライブアニメーター
伊藤優希
プロップデザイン
永木歩実
2Dワークス
梅木葵
色彩設計
横田明日香
美術監督
守安靖尚
美術設定
taracod
撮影監督
金森つばさ
CGディレクター
宮地克明
ライブCGディレクター
内田博明
編集
平木大輔
音楽
菊谷知樹
音響監督
藤田亜紀子
音響効果
八十正太
制作
CloverWorks
キャスト
後藤ひとり:青山吉能
伊地知虹夏:鈴代紗弓
山田リョウ:水野朔
喜多郁代:長谷川育美

関連キーフレーズ

112
Share
58
LINE

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

このページは株式会社カイユウのKAI-YOU.net編集部が作成・配信しています。株式会社カイユウについては、会社サイトをご覧ください。
KAI-YOU.netでは、文芸、アニメ、漫画、YouTuber、VTuber、音楽、映像、イラスト、アート、ゲーム、ラッパー、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新中! 様々なジャンルを横断し、世界をよりワクワクさせるあらゆるポップなインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ