7

シバター、大晦日RIZINの久保優太 戦を辞退表明「後遺症が残る大怪我もあり得る」

画像は動画「RIZIN棄権について謝罪」より

POPなポイントを3行で

  • シバター、大晦日RIZINを辞退したいと吐露
  • 対戦相手は元K-1王者の久保選手
  • 「実力差がありすぎて、後遺症が残る大怪我もあり得る」
YouTuber・シバターさんが、12月31日(金)に開催される格闘技イベント「Yogibo presents RIZIN.33」の出場辞退の意向を発表した。

当初はキックボクサー・皇治さんとの試合が予定され、動画やSNSで舌戦を繰り広げていたものの、一方的な体重制限やルール変更の要求により、対戦が流れてしまったと話していたシバターさん。

その後、元K-1王者・久保優太さんとの新たな対戦カードが決定・発表されていた。

取り返しのつかない大怪我をする可能性「戦いたくない」

皇治さんとの交渉が続いているかのように見えたが、実際に発表されたのは元K-1王者・久保優太さんとの対戦。

相手がK-1王者といえども体重が20kgほど大きく、レギュレーションもMMAルールで2ラウンド。有識者たちの見解では、総合格闘技の経験者であるシバターさんが勝つのではないか、という予想も少なくない。

事実、久保優太さんも今回のマッチを相当警戒していることを明かしている。
大晦日RIZIN参戦について
しかし、シバターさんは対戦発表後に弱腰に。今回の動画では久保優太さんとの実力差があまりに大きいことから、自身が大怪我を負う可能性が高く「戦いたくない」と吐露。

本当に怖いです。マジで実力差がありすぎて、後遺症が残る大怪我も全然ありえると思います」とコメント。加えて、戦う理由やモチベーションがないとも話した。

そして今までの誇張してきた言論から、自身を狼男と表現し、反省の意まで述べている。

昨年も流れたシバターvs皇治のマッチ

世の中で起きている事件や芸能、社会問題などに対して自身の考えを述べる、いわゆる“物申す系YouTuber”として活動してきたシバターさん。

かつてはプロレスラーとしても活動しており、2020年の大晦日に開催された「RIZIN.26」にも電撃参戦を果たした。

シバターさんは当時も皇治さんとのマッチが決まっていたが、直前になり皇治さんが断ってきたと動画内で主張。
皇治さんがシバターとの対戦から逃げましたwww
これに対し、皇治さんは試合のオファーこそあったものの、すぐに断ったと言い返し、シバターさんの主張を嘘だとして「犯罪レベル」「なんの話かさっぱりわからん」と痛烈に批判していた。

双方の見解が完全に異なり、この1年を通じて「シバターvs皇治」の対戦実現へのストーリーが準備されているかに見えたが、今回は急に国内屈指の実力派ファイター・久保優太さんの名前が浮上してきた形だ。

YouTuberとして、プロレスラーとして、時にヒール役を演じて事を盛り上げてきたシバターさん。果たして今回の「対戦辞退」は真意なのか。

大晦日までもう本当に時間がないが、最後の最後までエンターテイメントに徹するシバターさん。何が起きても不思議じゃない。

なにわともあれ年末です

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

2
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ