137

VTuber 織田信姫、引退を表明 奔放すぎる活動スタイルで覇道を提示

POPなポイントを3行で

  • VTuber 織田信姫が引退を表明
  • 4月いっぱいでの活動終了を報告
  • 犬山たまきとのコラボ企画を示唆
VTuber 織田信姫、引退を表明 奔放すぎる活動スタイルで覇道を提示

織田信姫さん(画像は、動画「織田信姫が八重歯を見せてくるだけの動画」より)

バーチャルYouTuber(VTuber)として活動する織田信姫さんが、引退を表明した。

引退声明では、4月30日(木)までの活動となることを報告。ファンやVTuberの仲間たちへの感謝を述べ、そして活動最終日には自他共に認めるライバルである犬山たまきさんとのコラボ企画を示唆した。 なお、織田信姫さんは動画やTwitterなどでこれまでに何度も引退宣言やそれに準する匂わせ行為を行なってきたが、今回は本当だという。

奔放な活動によってシーンを牽引した織田信姫さん

織田信姫さんは、高度なネットミームや下ネタ、物申す系、クソコラなどの型にはまらない奔放な活動によってシーンを牽引したVTuber。
【感謝】みんな、今までありがとう・・・
2018年4月13日より活動を開始し、キズナアイさんらと同じupd8に参加。同プロジェクトの看板的な存在としても知られていた。チャンネル登録者数は22万人。

デビュー当初は「頭がでかい」などと視聴者らからいじられており、ほとんど美少女しか存在しなかったVTuberシーンにおいて独自の個性を発揮していくこととなる。2018年12月15日に新モデルを発表し、現在の姿となる。

また、VTuberとのコラボだけでなく、シバターさんやブライアンさん、ゆゆうたさんをはじめとするリアルのYouTuberたちの影響がうかがえる動画も数多く投稿。
アズマリムを救いたい
そんな自らの動画を「クソ動画」と名付けて視聴者を振り回すスタイルによって、VTuberシーンにおける覇道を提示してみせた。

織田信姫さんの投稿によると、4月30日の犬山たまきさんとの「決戦」は「動き易い身体」で「よく知る場所」で行われるという。 所属事務所や個人などの枠にとらわれず、数々のVTuberを巻き込んでシーンを盛り上げた織田信姫さんの活動は最後まで見逃せない。
【引退配信】みんなまたね、そして、ありがとう。

バーチャルシーンの成長と、変化

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「織田信姫」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 129

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ