533

コムドットやralphを祝福する謎のアフリカ系マッチョ集団の運営に話を聞いてみた

コムドットやralphを祝福する謎のアフリカ系マッチョ集団の運営に話を聞いてみた

「世界からのサプライズ動画」/画像は「世界からのサプライズ動画」Twitterから

POPなポイントを3行で

  • 著名人に日本語でメッセージ動画を送る外国人
  • 運営代表に話を聞いてみた
  • 「国境を超えて笑顔を届けるのが、世界からのサプライズ動画」
鍛え上げられた肉体美が輝くアフリカ系の男たちが並んでいる動画、果たして一体なにが始まるのでしょうか……。

コムドット、祝チャンネル登録、300万人、達成、おめでとう」と、まさかの日本語でYouTuberグループ・コムドットのチャンネル登録者数300万人達成への祝いのメッセージとダンスを披露。

別の動画ではラッパー・ralphさんや、にじさんじ所属・バーチャルYouTuber(VTuber)のグウェル・オス・ガール(Gwelu Os Gar)さん、小室さん夫妻など、多くの人へ祝福の言葉を送っています。動画によっては、コスチュームに身を包んでいたり、銃を発砲するなど、その勢いに圧倒されるばかり。 また、メッセージはお祝いだけではありません。「たいせい浮気やめろ」「リア充爆発しろ」など、一般人に対してのメッセージも多く、内容も様々。彼らだけでなく、世界各国の人々が日本語でメッセージ動画を投稿しています。

これらの動画は「世界からのサプライズ動画」というアカウントのSNSに投稿されたもの。今回、この「世界からのサプライズ動画」を運営している一般社団法人WORLD SMILEに話を聞いてみました。

自身の経験から生まれた「世界からのサプライズ動画」

このマッチョ集団によるサプライズ動画を制作する、「世界からのサプライズ動画」は、一般社団法人WORLD SMILE創設者の経験から生まれました。
謎の民族からお祝い動画来ました
自身の誕生日に、海外に知り合いが多い友人が、現地の人にお願いして人を集めたお祝いのメッセージ動画をもらったそうです。

「ものすごい元気もらい、動画一つでこれほど嬉しい思いをしたのは初めての体験でした」と、サービスの原点を語る創設者。続けて、その嬉しさから「世界からのサプライズ動画」というサービス立ち上げに至ったことについても教えてくれました。

「その動画をTikTokに投稿したところ、ものすごく反響がよかったので、より多くの人に知ってもらいたいと思いました。当時はコロナ禍で海外旅行にも行けずに世の中に元気がなかった。この海外からのサプライズの動画が、少しでも多くの人に元気や勇気を与えられるよう、TikTokのコメントを厳選して999人限定で無料サプライズ動画をつくり始めたのがきっかけになっています」

「世界からのサプライズ動画」 金額や依頼方法

「世界からのサプライズ動画」は、Twitter・InstagramアカウントにDMを送り、料金を入金すれば、指定する文言を読み上げてくれるサプライズ動画を制作してくれる。

動画1本あたりの値段は、4500円のアフリカ子供ダンスから、7000円のドバイ富豪ラクダ付ダンスまでのメニューがある。(特別オプションは別途料金)

支払われた金額の一部が寄付に充てられるという。

「どんなメッセージを誰に送るかは自由となっています」とのこと。なるほど、だから「親父トイレ流せ!!」などユーモアに富んだ投稿も確認できるというわけか……!

話題になっている銃の発砲については、「実弾と空砲で選択できます。しかし、TikTokなどのコミュニティガイドラインに引っかかってしまうため、空砲である場合が多いです」とのこと。日本国内では考えられないサービス内容になっています。

貧困に苦しむ、現地の人々への支援に

「世界からのサプライズ動画」のサービスで特筆すべきなのが、動画制作依頼の売上が動画に出演している人たちへの支援になるという点。

動画内に出演する人々たちは「満足に食事も取れない人、仕事がない人や学校にも行けない人、止むを得ず銃を持ち戦場に赴いていた元兵士など、貧困に苦しんでいる人々」だと言います。

しかし、このサービスが日本で話題となり、彼らの生活は大きく変わったとのこと。動画の制作が本業となり、大切な収入源になっているそうです。

世界の笑顔を願う、WORLD SMILEの目標

思い出に強く残るメッセージ動画を友人・知人にプレゼントすることができるだけでなく、貧困に苦しむ人々への支援も同時にできる画期的なサービス「世界からのサプライズ動画」。

創設者の方は最後に、今後の目標をこう語ります。

「世界の笑顔──1人に喜んでもらえればいいのではなく、みんなが笑顔になれることを願っています。それが社名のWORLD SMILEの由来です。日本の皆さんにはこのサプライズ動画をもらって喜んでもらいたいですし、現地の方々も楽しんでこの仕事をして、尚且つこの動画の依頼費の一部で生活が成り立ち、喜んでくれています。国境を超えて笑顔を届けるのが、世界からのサプライズ動画です。もっと多くの人にこの活動を知ってもらい、今後はさらに国も増やし、規模を大きくしていく予定です」 ※記事初出時、タイトルに語弊を生む表現がございました。お詫びして訂正いたします。

元気をくれる活動をしている人々

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

440
Share
17
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ