2882

『銀魂 THE FINAL』監督×監修がぶっちゃける「我々は原作を忠実に映像化したまで」

『銀魂 THE FINAL』監督×監修がぶっちゃける「我々は原作を忠実に映像化したまで」

映画『銀魂 THE FINAL』監督×監修 対談

POPなポイントを3行で

  • 映画『銀魂 THE FINAL』をよく知る2人がぶっちゃける
  • 監督/脚本・宮脇千鶴×監修・藤田陽一対談
  • 掟破りのオマージュは「原作を忠実に映像化したまで」
時事ネタにオマージュ、下ネタにメタ構造、しかし熱いドラマで泣かせ、魅力的なキャラクターたちで心をつかむ──。

掟破り」のオンパレードだった『週刊少年ジャンプ』の空知英秋さんによる人気漫画『銀魂』。そのアニメ版が、1月8日に公開となった劇場映画『銀魂 THE FINAL』をもって15年の歴史に幕を閉じる。

原作に引けを取らない勢いで過激なネタに果敢に挑戦し、声優陣に無茶ぶりな演技をさせるなど、そのはしゃぎっぷりは他のアニメの追随を許さない。「最後のバカ騒ぎ」と銘打たれた『銀魂 THE FINAL』でも、これでもかというほど存分に遊び倒している。
映画『銀魂 THE FINAL』予告
その陣頭指揮をとったのが、TVシリーズに長年携わってきた宮脇千鶴さんと藤田陽一さん。本作ではそれぞれ、宮脇さんは監督・脚本、藤田さんは監修という立場で“ラスト・ラン”を駆け抜けた。

原作終了が延びに延びた「終わる終わる詐欺」を、ふたりはどう見ていたのか? 今だから言える『銀魂』の大変さって? 映画のネタバレはなし、だが本音は満載のぶっちゃけトークショーの始まりィィィィィ!!!!!

取材・文:SYO

『銀魂』なので終わらないことには慣れてるけど…

──アニメ『銀魂』は、15年の歩みを映画で終えます。「映画でのフィナーレ」について、おふたりはどう感じましたか?

宮脇 もともと今回の映画は、降って湧いたものではないんですよね。完結にあたってこちらである程度計画して、「映画でしかこのボリュームをつくれないでしょう」と交渉したんです。

藤田 そうですね。キャラクターがたくさん登場するし、やっていることも大変なので、「映画の予算と時間をかけて、しっかりつくって終わらせたい」と話しました。

宮脇 原作の最終回を映画で描くという、制作側のテーマがありましたね。ただ……原作の最終回までがめっちゃ延びた(笑)。

藤田 読者の皆さんと一緒で、「本当に終わるのか!?」ってヒヤヒヤしていました(笑)。

宮脇 そうそう(笑)。

藤田 『週刊少年ジャンプ』で終わらず、(増刊号の)『ジャンプGIGA』でも終われず、ついにはWebの銀魂公式アプリ(※編注:現在は配信終了)へ……。嘘でしょ!?っていう……。

宮脇 しかも、雑誌だと印刷前のタイミングで我々アニメのスタッフも内容がわかるんですが、アプリだとその工程を挟まないから、我々も読者さんとほぼ同じタイミングで状況を知るという。

だから「終わってません!」と言われて「終わってないのか!!」となりました(笑)。 ──当時、編集部も大混乱(?)だったようですが……(外部リンク)。

宮脇 時間がつくれるところを探しに探して、アプリにたどりついたんでしょうね。

藤田 永遠に描き続けるんじゃないかと思ったよね。

宮脇 アプリ連載でずっと続くのでは!?って思いましたよね。

──その時点では、映画の制作には着手されていたんでしょうか。

宮脇 いえ、完結するのを待っていました。

藤田 終わらないことには、脚本を書けないからね……。待つしかなかった(笑)。

『銀魂』なので、終わらないことには慣れてるっちゃ慣れてるけど、だんだん笑えなくなってくるという……(苦笑)。

『ジャンプ』本誌での連載の時点では「“あと数話”って言ってるけど、終わるわけないじゃん(笑)」と思っていたんですが、『ジャンプGIGA』ではさすがに終わるだろうと信じてました……。

「漫画の最終回を、映画で観たい!」を形にした『銀魂』

──空知英秋先生や、集英社サイドから、内容についてリクエストはあったのでしょうか。

宮脇 集英社さんからは「ラスト部分のギャグパートは絶対欲しい」とお話がありましたね。

藤田 「1本の映画としてはギャグパートが入ることで構成がシリアスと行ったり来たりする部分はあるでしょうが、それも含めて『銀魂』だからしっかりやってください」というような内容でした。

宮脇 「漫画の最終回を、映画で観たい!」というようなニュアンスでしたね。

──今回はコロナ禍でのアフレコとなりましたが、どのように進められたのでしょうか?

宮脇 密にならないよう、役者さんたちがそれぞれ、ブースに分かれて行いました。

一度に5人までしか録れないような状況だったので、いつもとはだいぶ勝手が違いましたね。収録環境が変わって、役者さんもかなり慣れないところがあったように思います。

藤田 たしかに。
~俺たちのスーパーステージ~【ジャンプフェスタ2020】特別編集版
──たとえば、どういう部分に苦労されたのでしょう?

宮脇 大きいのは、タイミングですね。すぐそばでしゃべっていたら何もしなくても合わせられるけれど、ちょっと離れて衝立(ついたて)があるだけで、「せーの」と合図をとる動作が必要になってしまうんです。

──たしかに、神楽役の釘宮理恵さんも「衝立があったことでセリフを合わせるシーンが急にうまくいかなくなり、今まで築いていた万事屋の絆を疑いかけた」といったようなことをおっしゃっていました(外部リンク)。

藤田 そんなに!?

宮脇 衝立一枚で心にもディスタンスが生まれてしまった……(笑)。

1
2

こんな記事も読まれています

2870
Share
2
LINE
匿名ハッコウくん

匿名ハッコウくん

2人も「終わる終わる詐欺」に振り回されてたんですねw

匿名ハッコウくん

匿名ハッコウくん

監督のお二人様ずっと有り難う御座いました。アニメに感謝するなんて久し振りです、すっごく楽しかった。ドンキホ○ーテとかwwww藤原さんまじ有難うな

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ