50

連載 | #16 冨樫義博『HUNTER×HUNTER』超特集

冨樫義博、けやき坂46追加公演に祝花 アイドルにどっぷりの鬼才

冨樫義博、けやき坂46追加公演に祝花 アイドルにどっぷりの鬼才

冨樫さんからの花/KAI-YOUスタッフが撮影

POPなポイントを3行で

  • 冨樫仕事した
  • けやき坂46のライブに祝花を送る
  • 『HUNTER×HUNTER』本編でも欅坂46ネタはたっぷり
7月10日に幕張メッセ・イベントホールで開かれたけやき坂46(ひらがなけやき)「走り出す瞬間ツアー2018追加公演」に参加したKAI-YOUスタッフが、あるものを見つけました。 冨樫仕事したぁッ❗

すっかり欅坂ヲタの冨樫先生

漫画『HUNTER×HUNTER』(ハンターハンター)の作者・冨樫義博さん。

1月に開催されたけやき坂46の武道館公演でも祝花を贈っていたり、すっかり両者のファンの間では冨樫さんからの花が名物となっています。 ちなみに6月に行われていた乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」へも祝花を贈呈。こちらは『セーラームーン』作者の武内直子さんが冨樫さんの妻であることも関係あるかもしれませんが、欅/けやきだけじゃなくて乃木坂にもハマっているのか…? と話題になりました。

さらに単行本未収録分ですが、『HUNTER×HUNTER』本編でも欅坂46ネタはたっぷり。 人気メンバーの平手友梨奈さんにそっくりな見た目の女性から「11人いる!(サイレントマジョリティー)」というデビュー曲に絡めた能力が発せられたり、「百万回生きた猫(ネコノナマエ)」という能力は欅坂46のアルバム曲から取られたものだったり。

細かいところでは舞台となる船内のエリアを示すために使われた記号「SRCL-9041」「SRCL-9488」が欅坂46のCD商品番号だったり、あるコマでのイルミのポーズも欅坂46から取られているのでは? と推測が飛び交ったり。

とにかく随所に欅坂関連のネタが詰め込まれています。

ゴンさんも未だに人気

こんな記事も読まれています

連載

冨樫義博『HUNTER×HUNTER』超特集

1998年より『週刊少年ジャンプ』にて連載を開始した漫画家・冨樫義博さんが描く『HUNTER×HUNTER』。 主人公のゴン=フリークスが父親であるジンを探すためハンターとなり、キルア、クラピカ、レオリオといった仲間達との絆を深めながら、未知なる敵との戦いを描きます。 緻密に計算された高度な攻防と読者の予想を上回り続ける展開で人気を博す一方、非常に寡作なことでも知られ、現在までに500回以上の休載を繰り返していることも話題となりました。 冨樫義博『HUNTER×HUNTER』超特集では、そんな本作に魅せられたKAI-YOUの面々が、作品にまつわる疑問や伏線などを考察するコラム記事を執筆。ときには座談会も実施しながら、一読しただけでは伝わりづらい冨樫義博作品に通底する思想を紐解きます。

関連キーフレーズ

38
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ