連載 | #434 ポップな画像を紹介してみた

背中にエイ、付いてますよ! 地上を泳ぐ「海の生き物バッグ」に目を奪われる

背中にエイ、付いてますよ! 地上を泳ぐ「海の生き物バッグ」に目を奪われる
背中にエイ、付いてますよ! 地上を泳ぐ「海の生き物バッグ」に目を奪われる

かばんばかさんが手がけるイトマキエイのバッグ/画像はすべてかばんばかさんから提供

  • 8 images

ちょ、ちょっと、そこのあなた!

エイが、背中にイトマキエイが張り付いてる……っていうかぶら下がってますよ!──。

かつて、これほどまでに海の生き物然としたバッグがあったでしょうか?

カバン職人・かばんばかさんのつくるバッグは、チョウチンアンコウやイカなど、海の生き物を模したユニークな形がポップ!

チョウチンアンコウバッグ

イカバッグ

街で見かけた日には、地上で泳いでいるような姿に見えるんでしょうか。忘れられなくなりそうです。

7月18日(木)〜24日(水)までの7日間、渋谷モディで展示販売イベント「海の生き物、カバンになっちゃった展」を開催(外部リンク)。実際に作品を手にとって見られるチャンスです。

今回、イベントの開催に合わせて、かばんばかさんに経歴や作品づくりのきっかけなどを聞きました。

【画像】かばんばかさんが手がける可愛いバッグやポーチ

脱サラして弟子入り 好きを形にするオーダーメイド鞄をつくるスタイルを確立

──かばんばかさんの公式サイトに「500種類以上作ってきた技術と経験を活かして制作」とありました。もともと鞄などをつくる職業に就かれていたのでしょうか?

かばんばか もともとは鞄づくりと全く関係のない仕事で、会社員として働いていたんです。その後「鞄をつくりたい」と思い脱サラし、京都の老舗鞄職人に弟子入りしました。

そこで様々な形の鞄をつくり、「使うと楽しくなる鞄をつくりたい」と思い独立しました!

くじら財布

──現在は海の生物を中心に、既製品では見かけないユニークな鞄やポーチを手がけられています。今の制作スタイルになったのはいつ頃で、何かきっかけがあったのでしょうか?

かばんばか これまでフルオーダーで500種類以上の鞄をつくってきたのですが、一般的な鞄の注文は少なく、「(お客様が)自分の好きなものをそのまま鞄にしてほしい」というオーダーをたくさんいただいてきました。

ミカンだったり、テレビだったり、焼き芋だったり、ダルマだったり、すべて鞄にしてきました。

たくさんのお客様の好きなものを鞄として形にしていく中で、自分自身の好きなものも形にしようと思い、「まぐろ」をカバンにしたのがはじまりです。

えびコインケース

──仕事を受ける中で現在のスタイルになったんですね。そんな鞄やポーチをつくる上でこだわっていることは何でしょうか?

かばんばか 一番は使うときの楽しさです!

「使いたい!」と思ってもらえるデザインを考えるようにしています!

──確かに購入した人はワクワクしながら使いそうですね。

かばんばか また、強度や使いやすさにもこだわっています。

近所のコンビニはもちろん、水族館に行くときなどに使えるよう、ペットボトルや財布などが入る大きさでつくることが多いです。素材も耐久性が高く、長く使える国産牛革を使用しています。

生き物のモチーフが多いので、どの部分にファスナーを持ってくるのか、実際に使うときのことを考えて、使いやすく、そして荷物を入れても形が崩れないようにするなど、工夫して設計しています。

全て職人が手作業で制作 お気に入りは「まぐろバッグ」

──大小でも変わると思いますが、一つ制作するのにどれぐらいの労力がかかっているのでしょうか?

かばんばか 小さなパーツから全て職人が手作業でつくっているため、制作にはかなりの時間と手間がかかっています。

作品にもよりますが、代表的なまぐろバッグは50以上ものパーツを組み立てて制作しています。その全てのパーツが自社生産で、職人の手でつくられています。

──反響が大きかったものや特に思い入れがあるものはありますか?

かばんばか どれも気に入っていますが、やっぱりまぐろバッグですね。

まぐろバッグ

まぐろバッグの背面

かばんばか ファスナーで三枚おろしを再現できたり、カバンの背面には骨をデザインしてリバーシブル仕様にするなど、とてもこだわって思い入れのあるカバンです。

とても気に入っていたので、自分用に身長くらいある150cmの巨大なまぐろバッグもつくってしまいました(笑)。

個人的にはイカバッグが一押し!

脳がバグる“アニメ塗り”フィギュアがすごい! 驚異のビフォーアフターを刮目せよ

脳がバグる“アニメ塗り”フィギュアがすごい! 驚異のビフォーアフターを刮目せよ

2次元のイラストなのか、はたまた3次元の立体物なのか──。脳が誤認識を起こしてしまう、“アニメ風の塗り方”のフィギュアが話題になっています(はじめに言っておきますが全部フィギュアです!)。AR?と思ってしまうほど異質な存在感イラストではなく立体物!アニメ塗...

kai-you.net
宝石に揺らめくオーロラの光 幻想的な「水紋ガラスペンダント」のこだわり.jpg

宝石に揺らめくオーロラの光 幻想的な「水紋ガラスペンダント」のこだわり

光が当たると、水紋のように揺らめく「水紋ガラスペンダント」。ガラスに浮かぶ青緑の輝きに、思わず目を奪われてしまいます。 「幻想的なオーロラと夜空をイメージした」というこのペンダントを制作したのは、ボロシリケイトガラス作品の制作・販売を行う雲谷(@Moya0068)さん。 海外作家がつくったボロシリケイト…

kai-you.net
平野綾とポケモン、その知られざる繋がり ドラマ『ポケットに冒険をつめこんで』に至った軌跡

平野綾とポケモン、その知られざる繋がり ドラマ『ポケットに冒険をつめこんで』に至った軌跡

「ポケットモンスター」シリーズ初の実写ドラマ『ポケットに冒険をつめこんで』が2023年10月に、テレビ東京系列で放映された。BGMや登場人物とその配役、そしてストーリーやテーマまで、ポケモンのエッセンスが随所に詰め込まれており、25年の歴史を持つポケモンへの愛...

premium.kai-you.net

イベント情報

海の生き物、カバンになっちゃった展

開催日程
7月18日(木)〜7月24日(水)
時間
11時〜20時まで(※最終日24日は10時~17時)
場所
渋谷モディ 〒150-0041 東京都渋谷区神南1-21-3
料金
入場無料

関連キーフレーズ

連載

ポップな画像を紹介してみた

日夜生み出されるポップな画像たちを短く紹介する人気連載。 ソーシャルメディアやまとめブログ、バイラルメディアなど、 画像系コンテンツへの注目は常に集まっていますが、 KAI-YOUでは「POP」を軸に、話題の画像を紹介していきます。

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る

イラスト・アートの週間ランキング

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ