渋谷が騒然としたホラー展覧会「その怪文書を読みましたか」書籍化

渋谷が騒然としたホラー展覧会「その怪文書を読みましたか」書籍化
渋谷が騒然としたホラー展覧会「その怪文書を読みましたか」書籍化

書籍『その怪文書を読みましたか』書影は制作中のもの

  • 14 images

ホラー作家のさんと、日本一怖い企業サイトと話題を呼んだ株式会社 闇による展覧会「その怪文書を読みましたか」が書籍化。イベント公式ブックとして11月28日(火)に太田出版から刊行される。

チケットが入手困難となった展覧会で公開された怪文書を100点以上を収録。価格は2420円(税込)。

また、書籍刊行記念コラボグッズの発売と、新たなイベント企画が進行していることも発表された。続報は展覧会の公式Xで順次公開される。

【画像10点】書籍に収録される怪文書

文章の裏を想像させる考察型展覧会「その怪文書を読みましたか」

展覧会「その怪文書を読みましたか」は、3月17日〜4月2日にマイラボ渋谷で開催された展覧会。

インターネットを中心に活動するホラー/怪談作家・梨さんと株式会社 闇が、ネット上の不確かな情報を元に怪文書を制作。会場内に100枚を超える怪文書が展示された。

来場者が壁一面に張り出された意味不明な怪文書に囲まれながら、文章の裏にある物語を想像する、考察型展覧会を標榜していた。

ちなみに梨さんといえば、日常に潜む怪異などを取り入れた作風の新鋭ホラー作家。著作に『かわいそ笑』(イースト・プレス)、『6』(玄光社)などがある。また、BSテレ東で2022年に放送された「テレビ放送開始69年 このテープもってないですか?」では構成も担当した。

連日長蛇の列ができ、会場がある渋谷を騒然とさせる

「その怪文書を読みましたか」レポ&仕掛け人・梨さんへのインタビュー動画
展覧会「その怪文書を読みましたか」はイベントの開催発表時からSNSで話題となり、開催後は連日整理券を求める長蛇の列ができた。

異様な会場の雰囲気も相まって渋谷を騒然とさせたこの展覧会は、最終的に合計3285人が来場。

「#その怪文書を読みましたか」のハッシュタグをつけた様々な考察や感想がX上に投稿された。

さらに、考察ブログも開催期間の2週間弱で10件以上公開され、考察型展覧会として成功を収めている。


SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

「株式会社 闇」についてもっと知る!

書籍情報

『その怪文書を読みましたか』

発売日
11月28日
著者
梨×株式会社闇
予価
2,420円(本体2,200円+税)

【著者プロフィール】

梨(なし)
主にインターネットを中心に活動しているホラー作家。日常に潜む怪 異などを取り入れた作風を特徴とする。「SCP財団」所属、Webメ ディア「オモコロ」にもホラー短編を投稿。 主な作品に『かわいそ 笑』(イースト・プレス)、『6』(玄光社)、原案『コワい話は≠く だけで。』(KADOKAWA)などがある。

株式会社 闇(かぶしきがいしゃ・やみ)
日本一怖い企業サイトで話題となったホラー制作会社。「怖いは楽し い」を合言葉にホラー×テクノロジー「ホラテク」で、新しい恐怖体験 をつくりだす。これまでにお化け屋敷をはじめ、数々のテーマパーク や観覧車、映画館、商店街、ラブホテルでのホラーイベントを企画・ プロデュースする。

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

本・文芸の週間ランキング

本・文芸の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ