KAI-YOU.netに登録して
さらなる爆ポップ体験を!

21

JASRAC使用料徴収額、歴代2位で1167億3千万円 サブスク隆盛などが追い風に

JASRAC使用料徴収額、歴代2位で1167億3千万円 サブスク隆盛などが追い風に

Photo by Sumeet B on Unsplash

5月18日(水)、一般社団法人 日本音楽著作権協会(JASRAC)が、2021年度の事業について報告。

2021年度の使用徴収額は歴代2位の1,167億3千万円、アーティストや権利者への分配額は歴代3位の1,159億7千万円だったと発表した。

背景はサブスクの隆盛やライブ復調の兆し

一般社団法人 日本音楽著作権協会(JASRAC)

使用徴収額は、2020年度の1,126億4千円を40億8千万円増前年度比3.6%増)する結果となった。

JASRACはその理由について、定額制音楽サブスクリプションサービスなどの「インタラクティブ配信」が好調が続いたことや、開催制限が一部緩和されライブなどが復調傾向にあることを挙げている。

一方で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により飲食店やカラオケ利用施設などは依然として厳しい状況が続いているとしている。

対して分配額は、過去最高だった2020年度の1,159億7千万円を46億6千万円減(前年度比3.6%減)する結果となったが、2019年度に次ぐ過去3番目の実績額を達成した。

こちらも、JASRACはコロナの影響で「演奏等」「通信カラオケ」などが大きく減少している一方、インタラクティブ配信が好調を維持していると説明している。

音楽カルチャーとビジネスと

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

7
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ