14

JASRAC、楽曲情報管理ツールを開発 個人クリエイターの権利保護を目指す

JASRAC、楽曲情報管理ツールを開発 個人クリエイターの権利保護を目指す

JASRAC

POPなポイントを3行で

  • JASRACが新たな楽曲情報管理ツールを実証実験
  • データ連携、各種申請・登録や契約を簡単に
  • 個人クリエイターの台頭が背景
日本音楽著作権協会JASRAC)が、ブロックチェーン技術を用いた楽曲情報管理ツールの実証実験を2020年12月から2021年2月まで行ったことを発表した。

このツールでは、登録した情報を起点に音楽関係のさまざまなビジネスパートナーとのデータ連携、各種申請・登録や契約を定型化・簡素化して電子化する。

ソニーグループ株式会社のブロックチェーン技術活用に関する共同の取り組みの一環として実施された。

デジタル時代の課題に対応する著作権管理システム

音楽クリエイターの楽曲管理のDXに向けた実証実験

実験には、JASRACと管理委託契約をしている音楽クリエイター13名、契約していない音楽クリエイター18名の合計31名が参加。クリエイティブの環境・活動や著作権管理に関する課題についての議論を行った。

それを受け、優先度が高くデジタルサービスの提供によって解消できる取り組みをまとめ、対応するプロトタイプを構築。参加メンバーが試用・評価した。

JASRACは、この実証実験で参加メンバーから示された意見、課題を踏まえ2022年の実用化を目指すとしている。

個人クリエイターの権利を守るため

この取り組みの背景にあるのは、音楽業界での個人クリエイターの増加だ。

近年、インターネットの普及や音楽ストリーミング配信サービスの定着を背景に、誰でも楽曲制作からディストリビューション(配信)まで行えるようになり、これらを自ら行う個人クリエイターが台頭している。

しかし、これら個人のクリエイターは、いざ楽曲の無断利用や「なりすまし」による公開に遭遇した際、有効となる簡易な対抗手段がないといった課題がある。

また、個人のクリエイターにとって、既存の著作権システムの仕組みが複雑・煩雑であり、利用するハードルが高いという指摘もあった。

【参加クリエイターからのコメント】
Watusiさん
自分の魂である曲が包括という森で見えづらくなっていたり、ネットという大海原に出所知らずで漂っているような不安に、JASRACが応えてくれようと動き始めてくれます。音楽を登録するために知識や手間なんて必要なくなります。
そうしたことを肩代わりでき得る技術が既に生まれているから。
ブロックチェーンの存在証明による世界で唯一の曲という当たり前の称号を、ぜひ日本から生み出していって欲しいと願います。 

エンドウ.さん
昨今話題に事欠かないJASRACですが、いわゆる「印税」を糧とする我々音楽作家がその現状を変えていかなくてはいけません。
なんて思っていたところに、今回の実証実験のお声がかかりました。
幸いにも様々な立場の音楽作家・クリエイターが多数参加することができ、我々の直面している問題や、JASRACに改善して欲しい点などをたくさん伝えることができたと思います。
著作権管理におけるブロックチェーン活用の実現と併せて、JASRACがこの取り組みをきっかけとして、音楽作家、クリエイターとの間のコミュニケーションをさらに深化できるのではないかと感じています。
期待しています!

音楽のことを考える

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

13
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ