連載 | #2 チャートハックと音楽シーン

Billboard、チャート集計方法を変更 「再生数キャンペーン」を問題視か

Billboard、チャート集計方法を変更 「再生数キャンペーン」を問題視か
Billboard、チャート集計方法を変更 「再生数キャンペーン」を問題視か

Photo by C D-X on Unsplash

Billboard JAPANが、ストリーミングサービスチャートの集計方法について、4月20日発表分のチャートより変更したと発表した。 総合チャートのストリーミング指標およびストリーミング・ソング・チャート「Streaming Songs」において、一部サービスは実再生回数から、その市場シェアを鑑みた計算係数を採用し、総再生回数が算出される。

この集計方法の変更についてSNS上では、LINE MUSICで行われている「再生数キャンペーン」に対する牽制という指摘が上がっている。

ヒットチャート入りを狙う特典商法

LINE MUSICを利用して行われる「再生数キャンペーン」は、特定の楽曲を期間中に一定回数再生することで、アーティストのグッズなどが抽選もしくは応募者全員にプレゼントされるという企画。

楽曲の再生を促すことでBillboardなどのチャート入りなどを狙う、ある種の特典商法だ。

その中には、再生回数が多いほどより当選確率が高くなるものまで存在し、1人当たりの再生数を煽るような施策がとられている。

INIJO1マカロニえんぴつSEVENTEENDishDai-ce等、著名なアーティストも「再生数キャンペーン」を行うことが当たり前となりつつある現状がある。

「ヒットチャートがヒットを生む」という実情

逆説的ではあるが、ヒットチャートが存在するからこそヒットが生まれるという側面がある。ヒットチャートの上位にランクインしたことが話題となり、さらなる耳目を集めそのヒットを加速させる。

そのロジックを理解しているからこそ、アーティストや音楽レーベルはチャートに働きかけようとする。是非はさておいて、熱狂的なファンダムもチャートに干渉しようとする。過去には、経済誌「Forbes」がBTSのファンによるチャート操作について取り上げている(外部リンク)。

そのようなアーティスト・レーベルの事情やファン心理に需要を見出し、ストリーミングサービスが施策を行うのもビジネスとして当然だ。

しかし、そのように人為的につくられた再生数を参照したチャートを“ヒットチャート”と呼ぶには疑問が浮かぶ。Billboard JAPANの集計方法の変更がどのような変化を見せるのか、要注目。

音楽産業とビジネスを考える

関連キーフレーズ

連載

チャートハックと音楽シーン

音楽配信の主流がCDからデジタルへ移り変わる昨今。CDの複数枚購入を促す従来の特典商法に加え、デジタルならではの「チャートハック」行為が音楽シーンに影響を及ぼしている。 アーティスト・レーベルの人為的な施策やファンダムによるチャートハックの是非。改めて、「音楽を楽しむ」とはどういうことなのか。 再生数やランキング結果など、わかりやすい「数字」の話題性・権威性に頼らず、アーティストや楽曲を知ってもらうためにできることを探る。

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る

音楽・映像の週間ランキング

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ